無料の会員登録をすると
お気に入りができます

好きな季節でわかる男女の性格とは?心理や恋愛の相性を解説

ライフスタイル

【編集部からのお知らせ】
「恋愛偏差値30からの婚活相談室」をオープンしました!

恋愛偏差値30からの婚活相談室

婚活にまつわる実用的なアドバイスを"無料"でいたします。

・婚活用プロフィールを添削してほしい方はこちら

こちら

・婚活にまつわるお悩みを相談したい方はこちら

こちら

好きな季節で性格が分かる?

好きな季節でわかる男女の心理や性格と相性

四季には、それぞれに異なった風情があります。どのような風情を好むかによって、ある程度は男女の心理が分析できる、と私は思っているんです。皆さんもご存知であろう「四季の歌」でも、好きな季節によってその男女の心理を分析し、身近な人に例えていますよね。

子どもの頃から「なるほどぉ~」と納得しながら口ずさんでいた私。知り合う人には、何かと言えば好きな季節を聞いてみたものです。そんな中、好きな季節によって男女の心理の傾向をある程度、掴んできました。その結果をここでご紹介しましょう。

好きな季節からわかる性格や心理傾向

■春が好きな人は

「春が好きな人は……」どんな人?
春といえば、うららかな日差しに咲き誇る花。寒い冬が終わって、新しい何かが始まるような期待感のある季節です。恋が始まることを「春が来た」などとも例えるように、楽しいことの前触れのようなイメージもあるでしょう。

そんな春が一番好きだ、という人には、明るく前向きな人が多いようです。ただし中には、「冬が終われば春が来る」というように、自分の失敗を反省しない、「どうにかなるさ」的な楽天家も少なくない。また、素直でわかりやすい性格をしている傾向も強いでしょう。

■夏が好きな人は

夏が一番好きだという人は、快楽主義者……?
ギラギラと照りつける太陽と青い海。夏といえば、バカンスのイメージですね。また、女性は薄着になって肌の露出も多くなりますし、解放感のある季節です。一気に燃え上がってすぐ冷める恋も多い季節で、「ひと夏の恋」などというものは、夏の名残とともにせつなさを胸に残します。

そんな夏が一番好きだという人は、大胆で大らかな傾向が強いようです。常夏の国に住みたい、などという人の中には、快楽主義者も多いことでしょう。嫌なことや苦しいことから逃げたいという逃避傾向もあり、それをどこまで抑えられるかはその人の理性によるのかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ