無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[無印良品]スニーカーインソックス3種類を比べてみました!

ファッション

無印良品のスニーカーインソックスを比べてみました!

上から順に「足底パイルスニーカーイン」「スニーカーイン靴下(薄手)」「浅履きスニーカーイン靴下」(1足350円、3足890円)全て23~25㎝。
同じサイズなのに、見た目の大きさが全然違います。

重ねてみました。大きさも履き口の形もそれぞれ異なります。

無印良品は「足なり直角靴下」のイメージが強いですが、なにげにこれからの季節の必需品「スニーカーインソックス」もたくさん種類があるんですよ。
でも、種類が多過ぎてどれを選べばいいの!?…というわけで比べてみました!

今回比べてみたのは、「足底パイルスニーカーイン」「スニーカーイン靴下(薄手)」「浅履きスニーカーイン靴下」の3種類です。

まず、見るからに大きさや形が違いました。
同じサイズなのに、こんなに違うの!?
買う時に何度もサイズを確認してしまいました💦

裏側もしっかりお見せします!

裏返すと「足底パイルスニーカーイン」(上)は、名前の通りパイルがふかふかで厚みがあります。「スニーカーイン靴下(薄手)」(下)は、薄手でつま先の縫い目がフラットになっているのが特徴。

「浅履きスニーカーイン靴下」(下)浅履きタイプで伸縮性のある生地なので見た目には最も小さいです。上の薄手タイプに比べるとつま先の縫い目がかなり目立ちます。

公式ホームページにも載っていない靴下の裏側もしっかりお見せします。

靴下の履き心地は、裏側にも秘密があったんですね~。
実際の履き心地がどうなるのか気になりますね!

マイベストは「浅履きスニーカーイン靴下」でした!

www.muji.net

「足底パイルスニーカーイン」
足底のパイルがフカフカで気持ち良く、肌当たりも優しい。浅履きタイプではないのスニーカーからしっかり見えます。

www.muji.net

「スニーカーイン靴下」薄手
生地が薄く良く伸びます。薄地だけど、つま先の縫い目がフラットなのでごろつき感はありません。浅履きタイプだけどかかとを包み込む形になっているため、かかと部分が高くなっていてスニーカーから少し見えてしまいます。履き口のゴムが強いのか、長時間履いていると足にゴムの跡が付いて窮屈感があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ