無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旦那の気持ちがわからない……離婚?修復?夫の気持ち確認方法3つ

ライフスタイル

旦那の気持ちがわからない……旦那の気持ちを確かめる方法とは?

「別れよう」という夫の言葉は本心からのもの? 離婚を決める前にもう一度、旦那の気持ちを確かめよう

協議離婚とは、夫婦が話し合って離婚を決めること。もしも「もう夫婦としてやっていけない」と思ったとき、協議離婚という形を望むのであれば、別れへ向けてお互いの合意が必要になります。

たとえ妻が真剣に別れたいと決意していても、夫にまったくその気がなかったり、条件が折り合わなかったりする場合は、協議離婚は難しくなります(その場合、ゆっくりと時間をかけて戦略を立てて合意を目指すか、調停や裁判などの方法で離婚を進めていくことになります)。

だからこそ、離婚するかどうかを決める前に、夫の気持ちをしっかり確かめておく必要があります。今回は、夫の離婚に対する気持ちを確かめる方法をご紹介します。

旦那の気持ちを確かめる前に、自分の本当の気持ちを確かめて

「自分は本当に別れたいのか?」を真剣に考えてみましょう

夫の気持ちを確かめる前に、まず大切なのが「自分は本当に別れたいのか?」ということ。あやふやな気持ちで離婚に踏み切るのは、「後悔」につながります。

たとえば、ときどきあるケースとして、他人の言葉を聞き入れ過ぎてしまう人がいます。夫婦の悩みが生じたとき、周りの人に相談したり意見を聞いたりするのは当然のことです。ただし、本人の事情を誤って解釈する人や自分の尺度で考える人の話ばかりを聞いていては、振り回されるばかりで誤った選択、方向に行きがちです。

なぜ離婚しようと思ったのか、結婚生活にどのような幸せを求めているのかを、損得、愛情の有無も含めて、 自分自身で真剣に考えて、はじめて離婚という決断をくだすほうが後悔はありません。離婚という最終の決断においては、夫や周りの人があっての自分ではなく、自分自身の存在を中心に考えることが必要なのです。

離婚したい夫の気持ち……修復のチャンスを与えることも大事!

結婚生活をもう一度やり直すというのも、ひとつの道

「旦那の気持ちがわからないから……」という方は、夫があなたとの結婚生活を「もう一度やり直したい」と思っているとしたら、どうでしょう?

この場合は、その後の夫婦生活で、雨降って地固まるといわれるあらたな幸せを得るためにも、夫の気持ちが本心かどうかを見極めることが重要なポイントになります。

夫に修復のチャンスを与えることは妻にとっても自分を見直す大事なターニングポイント。急いで感情を走らせ離婚を決めるよりも、危機を乗り越え、反省や信頼を取り戻して修復した夫婦に訪れる幸せは格別です。

そこで、夫の本音を確かめるための3つのポイントについてお話ししましょう。

夫の気持ちを確かめる方法1:責任を自覚しているか?

夫に「自分の責任で離婚の危機を迎えてしまった」という自覚、反省があるかどうか?

浮気や借金、暴力など、明らかに夫側に原因がある場合、まずは夫が「自分の責任で離婚の危機を迎えてしまった」という自覚、反省があるか、ないなら気づかせられるかどうか、が重要なポイントになります。

たとえば、責任の所在の話をしたときに、心から責任を感じて謝罪してきたり、反省の態度を示したりしているときは、修復の可能性があると思っていいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ