無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ガイドブックにも載っていない絶景スポットにカフェが誕生

旅行・おでかけ

ガイドブックにも載っていなかった絶景スポット

鹿児島市中心部から車で約2時間。自然豊かな大隅半島の南部に位置する南大隅町で、いま注目を集めているのが、雄川(おがわ)の滝です。

雄川の滝は、南大隅町の中心部を流れる雄川上流にある、落差46m・幅60mの名勝の滝。荘厳な岩肌と、エメラルドグリーンやコバルトブルーなど、時季によって様々な色に変化する滝つぼが幻想的で、鹿児島の隠れたパワースポットとしても知られています。
以前までは旅行ガイドブックにも載っていなかった場所ですが、近年では大河ドラマ「西郷どん」のタイトルバックとしてオープニング映像に登場したこともあり、一躍、大隅半島の大自然が織りなす風光明媚な人気の絶景スポットに。

今年の4月には雄川の滝につながる遊歩道の入口に、おしゃれなカフェスペース「aqua base cafe(以下、アクア ベースカフェ)」がオープンしました。鹿児島ならではの果実を使用したフレッシュなドリンクやスイーツなど、テイクアウトメニューが評判。滝を訪れた観光客で賑わいをみせています。

まずは雄川の滝へ行ってみる

雄川の滝の滝つぼまでは、駐車場から1.2kmの遊歩道。多少のアップダウンがあるものの、整備されているため、気軽に行くことができます。途中、雄川のせせらぎとともに、川沿いの美しい景観を眺めながら、期待を膨らませて進むこと約20分。滝つぼの音が聞こえてくると、いよいよ展望台に到着です。

2階建ての展望台からは、秘境にふさわしい神秘的な光景が広がります。その美しさはわざわざ歩いてくるだけの価値があります。滝の絶景とともに、苔の美しさも見所のひとつ。遊歩道でもじっくり、ゆっくりと散策しながら楽しむことができますよ。

滝の散策のあとは、カフェスペース「アクアベースカフェ 」へ。中古のコンテナハウスをリメイクしたおしゃれな空間で、オリジナルドリンクで渇いた喉を潤したり、歩き疲れた体を癒すことができて休憩にもぴったり。

メニューでおすすめは、南大隅産たんかんを生搾りした「たんかんのサイダー」(550円)。全国で約8割のシェアを占めるという鹿児島のたんかんは、温暖な地域でしか栽培できない果実で、南国らしい濃くて鮮やかなオレンジ色が特徴。芳醇な甘みと香りがあり、疲れを癒してくれるクエン酸やビタミンCもたっぷり。がんばって遊歩道を歩いて滝の絶景を見た後には最適です。

地元ならではの果実でリフレッシュ

もう一つ、甘酸っぱくて果汁たっぷりの果実と炭酸が心地よい「辺塚だいだいスカッシュ」(480円)は希少な果実を使用したぜいたくな一杯。辺塚だいだいとは、南大隅町の佐多地域で古くから自生している果実。みかんの一種で、南大隅地域固有のもの。緑色の果皮が薄くて柔らかく、優しい酸味と爽やかな香りでリフレッシュできます。

自然と食で南大隅町の魅力を楽しむ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ