無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット効果アップ!?納豆と一緒に食べたい3つの食材とは

美容

栄養豊富な納豆のパワーに注目

納豆の原料は、「畑の肉」とも呼ばれる大豆。筋肉や臓器・皮膚・髪などを作るタンパク質のほか、食物繊維も豊富です。
食物繊維は水分を含んで排泄物を柔らかくし、便通を促してくれるのだそう。また、腸内の善玉菌を増やし、調子を整えてくれる働きもあります。腸の機能が低下していると肝臓に負担がかかり、代謝も落ちてしまいますが、腸の動きが活発になれば代謝もアップ。それにより痩せやすい身体を目指すことができるそう。食べたあと、胃の中で膨らむので食べ過ぎを抑えやすくなるという面もあり、ダイエットにうれしい食材です。

納豆と一緒に食べたい、腸を整える3つの食材

そんな食物繊維たっぷりの納豆と組み合わせれば、腸内環境を整えてくれる効果がより高まると言われている3つの食材をご紹介します。

ひとつめは、乳酸菌によって熟成発酵させたキムチやたくあん。乳酸菌は腸内の細菌バランスを調整し、ぜん動運動を正常にしてくれるので、納豆と組み合わせると整腸作用の相乗効果が期待できます。

続いてはオリーブオイル。腸を適度に刺激してくれるオレイン酸が、納豆の食物繊維と一緒に腸の動きを活発にし、便秘解消を促してくれる効果が期待できるのだそう。ただしカロリーが高いので摂りすぎには注意を。オリーブオイルの量は、納豆1パックに小さじ1杯程度が目安です。

3つめは、カリウムなどが豊富なアボカド。納豆と同じく食物繊維がたっぷりなので、一緒に食べれば整腸作用がアップ。濃厚な味わいで食べ応えのあるアボカドは少量でも満腹感が得られやすく、食べ過ぎ防止にもおすすめですよ。

納豆と一緒に食べることで、便秘の解消などが期待できる食材をご紹介しました。ぜひ一緒に食べてみてくださいね。

「マイクロダイエット」のHPには、こうした健康やダイエットに役立つ知識がたくさん掲載されているので、そちらも参考にしてみてください。

photo / Shutterstock

サニーヘルス株式会社

https://microdiet.net/diet/001177.html
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ