無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのままでもいいけど…!カルディ「ベトナム風練乳プリン」のおいしい食べ方

グルメ

ベトナムらしさが光る練乳プリン

Photo by muccinpurin

物価の安さとほどよい近さから、近年日本人の旅行先として注目を集めているベトナム。なかでも主食が日本と同じ米ということもあり、グルメを楽しみに行く方も多いようです。

そんなベトナムの定番スイーツといえば「バインフラン」。今回は、本場の味をカルディ風にアレンジした、夏にぴったりな「ベトナム風練乳プリン」をご紹介します!

ベトナムらしさのカギは「練乳とコーヒー」

Photo by muccinpurin

バインフランの前に、まずはベトナムのコーヒーについてご紹介しましょう。意外と知られていませんが、ベトナムは世界有数のコーヒーの産地。それにしては、ほかと比べてもベトナム産コーヒーが売られているのを見る機会は少ないですよね。

それもそのはず。実はベトナムコーヒーの品種は苦みが強いことで知られるので、現地でもそのまま飲むことはあまりありません。

3層式になった専用のドリッパーをグラスに置き、お湯を注いでしばし待ちます。このとき、カップの底にはたっぷりの練乳が入っていて、この練乳のミルキーさと甘さで味わうのが、ベトナムコーヒーの楽しみ方なんです。

Photo by muccinpurin

198円(税込)

話をバインフランに戻しましょう。ベトナムのプリン・バインフランは砂糖の代わりに練乳を使って作るのが一般的。通常のプリンより濃厚で、コクがあるプリンは歯が浮くような甘さですが、ここにもうひとつ欠かせないのがコーヒーです。

しっかり固めの練乳プリンにコーヒーをかけて食べるのが、ベトナムスタイル。甘いプリンにほろ苦いコーヒーがよく合い、暑いベトナムでもさっぱりとおいしく食べられるんです。

Photo by muccinpurin

とはいえ、プリンを買ってわざわざコーヒーをドリップしないと食べられないのでは、本場の味を再現したとは言えませんよね。

カルディのベトナム風練乳プリン」は、練乳を使った濃厚プリンとコーヒージュレ(ゼリー)の二層からなっているので、開けてすぐおいしいプリンが食べられる仕組み。なるほど!これなら手軽に本場の味を楽しめますね♪

カップから出してみると、ちょっぴりいびつな形になりました。これは、ジュレとプリンの硬さの違いからで、なんとなくほっこりとする不思議なビジュアルに。

おいしく食べる秘訣はまだまだ!

Photo by muccinpurin

実は、バインフランの決まりごとはもうひとつあります。それは、クラッシュアイスをたっぷりとかけること!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ