無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いま話題!デートにおすすめの東京・横浜イベント[2019年6月最新版]

旅行・おでかけ

【横浜】横浜の初夏の風物詩「横浜開港祭 2019」で、開港160周年を祝う

横浜開港祭 2019

横浜の開港記念日を祝う「横浜開港祭 2019」が、2019年6月1日(土)、2日(日)の2日間にわたって開催されます。
開港160周年となる今年のテーマは「“Thanks to the Port”「開港を祝い、港に感謝しよう」開港160周年 ~みんなでつくろう みなとのみらい~」。
港を光と音と花火で彩る“ビームスペクタクルinハーバー”をはじめ、音楽ライブや乗船体験など楽しい企画が盛りだくさん!お祝いムードあふれる横浜で、初夏のデートを楽しんで♡

横浜開港祭 2019

期間:2019年6月1日(土)〜6月2日(日)
場所:臨港パーク及びみなとみらい21地区、新港地区、その他周辺
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
料金:入場無料
最寄り駅:みなとみらい

【六本木】11人の写真家が“平成の東京”をスナップ。「FUJIFILM SQUARE 企画写真展」

FUJIFILM SQUARE 企画写真展
▲尾仲浩二 Tokyo Candy Box No.00, 1999 (C)Koji Onaka
▲大西みつぐ 江戸川区南小岩, 1996 より (C)Mitsugu Onishi

さまざまな世代の写真家による「平成」の「東京」を舞台にしたスナップ写真の展覧会が、FUJIFILM SQUAREにて開催されます。
飛び立つ鳥などを銃で早撃ちする狩猟用語が語源ともいわれる「スナップ写真」。会場には、めまぐるしく移り変わる東京の一瞬の風景をとらえた約100点のスナップ写真を展示。
ベテランから若手まで、写真家11人のさまざまな物語を感じることができます。平成から令和へと新たに続いていく東京の姿を、彼と二人でその目に焼き付けてみませんか?

FUJIFILM SQUARE 企画写真展 11人の写真家の物語。新たな時代、令和へ 「平成・東京・スナップ LOVE」 Heisei - Tokyo - Snap Shot Love

期間:2019年6月21日(金)〜7月10日(水)
場所:東京都港区赤坂9-7-3(東京ミッドタウン)
料金:入場無料
最寄り駅:六本木/乃木坂

【乃木坂】多彩な表現が一堂に会する回顧展。「クリスチャン・ボルタンスキー −Lifetime」

クリスチャン・ボルタンスキー −Lifetime
《ミステリオス》 2017 / ビデオプロジェクション(HD、約12時間)、3面のスクリーン / 作家蔵 (C) Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Photo (C) Angelika Markul
《モニュメント》 1986 / 写真、フレーム、ソケット、電球、電気コード / 作家蔵 (C) Christian Boltanski / ADAGP, Paris, 2019, Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner

現代を代表するアーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの半世紀におよぶ作家活動をたどる回顧展「クリスチャン・ボルタンスキー −Lifetime」が、2019年6月12日(水)から国立新美術館で開催されます。
集団や個人の記憶、宗教や死にまつわる多数の作品の中から、さまざまな表現方法を駆使した作品約45点を展示。自らを「空間のアーティスト」と呼ぶボルタンスキーによる広大な展示スペースを生かした展示に、アート好きの彼も圧倒されてしまうはず!

クリスチャン・ボルタンスキー −Lifetime

期間:2019年6月12日(水)〜2019年9月2日(月)
場所:国立新美術館 企画展示室2E
住所:東京都港区六本木7-22-2
料金:一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生 800円、中学生以下無料
最寄り駅:乃木坂/六本木

【浅草橋】ふわふわモコモコのあざらしに埋め尽くされる!「あざらしラッシュ!!展」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ