無料の会員登録をすると
お気に入りができます

魚焼きグリルを使えば簡単!美味しい焼きなすの作り方&アレンジレシピ2選

レシピ

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。香ばしい香りでとろりとした焼きなすは大好きだけれど、自分では作るのが面倒という方が多いようです。そこで今回は、手軽に焼ける魚焼きグリルを使って焼きなすを作ります。和食だけでない食べ方もご紹介しますので、ぜひ、最後までお付きあい下さいね。

薬味たっぷりで食べる焼きなす

なすは、つやとハリがある新鮮ななすを使い、強火で焼いて作ります。薬味と鰹節、定番の味です。

材料(2人前)

・なす 3本
・生姜 1片
・ミョウガ 1本
・しそ 3枚
・青ねぎ 1/2本
・鰹節 適量
・醤油

作り方

① なすの下ごしらえをする。ヘタの周りにぐるりと切込みを入れ、ガクを取る。(とげに注意)

② 縦に5~6本切込みを入れる。

切込みを入れないと焼いているときに破裂してしまうことがあるので、切込みを入れるか、竹串などでつついて穴をあけます。また、切込みを入れると皮をむきやすくなります。

③ 魚焼きグリルを予熱し、なすを並べ、強火で10分位焼く。(片面焼きの場合は途中で返しながら焼く)

強火で黒くなるまで焼くのがポイントです。皮はむくので焦げても大丈夫。加熱がたりないと皮がむきにくいので、焦げる位までしっかり焼いてください。

④ 粗熱が取れたら皮をむく。

冷めてしまうとむきにくくなるので、触れるくらいに冷めたら、むいてしまいましょう。楊枝などで、ヘタの下の皮を薄くすくい、楊枝を引いてむくと、作業しやすいです。

食べやすい大きさに切り、薬味と鰹節をのせて、醤油やめんつゆをかけていただくのが定番ですよね。

温かくてもおいしいですが、暑い季節は、冷たく冷やすと格別のおいしさ。盛りつけてから器ごと冷やすと、よりひんやり味わえます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ