無料の会員登録をすると
お気に入りができます

開店2時間で売り切れる「おはぎ」がすごい!おしゃれでカラフルな進化系おはぎ専門店をレポート

グルメ

色とりどりの美しいおはぎに感動!/タケノとおはぎ

こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介する「タケノとおはぎ 学芸大学店」は、ココナッツとレモンピール、黒糖パイナップルとアールグレイなど、ユニークな食材の組み合わせが楽しいおはぎの専門店。SNS映えする美しいビジュアルとおはぎとは思えない斬新なメニューで、多くの人を惹きつけている、注目のおはぎ専門店です。桜新町に1号店を構え、2018年2月には2号店がOPEN。2店舗合わせて1日に1,000個も売れる、大人気のおはぎを食べ比べしてみます。

お店は学芸大学駅、祐天寺駅どちらからでも徒歩約15分。両駅のほぼ中間ぐらいにあります。外観は、真っ白な壁に全面ガラス張り。一目見ただけでは、おはぎ専門店と思えないほどスタイリッシュ。

静かな店内に足を踏み入れると、まるで美術館のように、おはぎを入れた木箱が整然と並ぶディスプレイがお出迎え。主役のおはぎが引立つよう、内装や照明はあえてシンプルにしているというこだわりが垣間見えます。木箱の前には、定番の「こしあん」「つぶあん」に加え、日替わりで5種類のおはぎが並びます。

それにしても、なぜ販売しているおはぎは木箱に入れてフタをしているのでしょう。

実は、おはぎは常に空気に触れている状態でも、密閉状態でも、風味が落ちやすくなるんだとか。フタの間から適度に空気が入る通気性の良い木箱は、スタイリッシュなだけでなく、美味しいおはぎをキープする縁の下の力持ちなんですね。

こちらは同店のおはぎの魅力を丁寧に教えてくれた店主の小川寛貴さん。

店名の「タケノとおはぎ」の「タケノ」は、小川さんのおばあちゃんの名前からとったもの。小川さん自身、小さい頃からおばあちゃんが作るおはぎがとても好きだったそうで、「この味をたくさんの人に伝えていきたい!」という想いから、お店をオープンすることにしたのだそう。

試行錯誤しながら、季節を感じるさまざまなおはぎを考案するなど、おはぎへの愛がひしひしと伝わります。

定番から日替わりまで7種類のおはぎを実食!その味は・・・?

今回は取材時(5月)に店頭に並んでいた定番の「こしあん」「つぶあん」、日替わりの「麻の実ときな粉」、「干し芋と焼きビーツ」、「ゴマとあんず」、「タケノコおはぎ」、「ココナッツとレモンピール」の7種類のおはぎをご紹介していきます。この華やかな見た目で、おはぎのイメージが変わりそう!

人気No.1!昔懐かしいおばあちゃんの「こしあん」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ