無料の会員登録をすると
お気に入りができます

開店2時間で売り切れる「おはぎ」がすごい!おしゃれでカラフルな進化系おはぎ専門店をレポート

グルメ

まずは1番人気の「こしあん」(180円)。店主のおばあちゃんのレシピを忠実に再現した、昔ながらのおはぎです。人気のあまり、開店してから2時間で売り切れることもあるんだとか。

小豆は風味豊かな北海道産の「大納言小豆」を使用し、甘さは控えめ。あんこは日にちが経つと味や風味が変わってしまうため、必ず前日に炊いた餡を使用しているとのこと。手の平にちょこんとのる小ぶりのサイズ感と、どこかホッとする懐かしい味に、ついつい2個、3個と手がすすんでしまいます。

人気No.2!しっかりとした粒あんが引立つ「つぶあん」

こしあんに劣らず人気の「つぶあん」(180円)も、おばあちゃんのレシピを再現した定番の一品です。

小豆本来の素朴なうま味と粒あんの食感がたまりません。こしあん同様、甘さ控えめで飽きの来ない味。素材の良さが引き立ちます!

きな粉の風味と香ばしさがたまらない!「麻の実ときな粉」

「麻の実ときな粉」(250円)は、黒米と餅米を合わせた黒米餅を白こしあんで包み、最後に麻の実ときな粉をまぶした一品です。

ほんのり甘い白こしあんが、きな粉の香ばしさと好相性。黒米餅のプチプチとした食感がいいアクセントになっています。おはぎとは思えない意外な組み合わせは、一度食べるとクセになること間違いなし!

舌はもちろん、目にも楽しい!「干し芋と焼きビーツ」

「干し芋と焼きビーツ」(280円)は、ビタミンや鉄分を多く含むビーツと、サツマイモの甘味を凝縮させた干し芋を合わせた白あんベースを黒米餅で包んだおはぎ。

おはぎの表面をバーナーで炙っているので、干し芋の香ばしい香りが楽しめます。おはぎの概念を覆す新しい美味しさは、ハマること間違いなし!

黒バラのような見た目がフォトジェニック「ゴマとあんず」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ