無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すっぱさに夢中♡コンビニで買えるほんとに美味しい「梅」はどれ?

すっぱい美味しさがたまらない♡「梅」に夢中になっているそこのアナタに!コンビニで気軽に買える「梅」を実際に食べて徹底比較しました。

2019年6月
グルメ

すっぱい美味しさに夢中♡

そのすっぱさにヤミツキになっている人も多い「梅」。梅はクエン酸を多く含み、また梅干しには塩分が使われているので、これからの季節の熱中症対策にもピッタリな優秀食材なのです!

今回はコンビニで買える「梅」を干し梅からカリカリ梅、変わり種系まで実際に食べて徹底比較しました。あなたもお気に入りのすっぱい美味しさを見つけてくださいね。

干し梅系

①ほどよい甘さの甘い干し梅(セブン-イレブン)

その名の通りほどよい甘さ!噛めばすっぱさも染み出してくるので、甘すぎる干し梅が苦手な方にもオススメです。果肉はやわらかすぎず、ちょうどいい噛みごたえ。

②種ぬきはちみつ干し梅(ファミリーマート)

果肉が分厚くて、干し梅なのにとってもジューシー。口に含めばしっかりと甘みを感じます。すっぱさよりも塩分のしょっぱさが勝っているかも?

③やわらかはちみつ干し梅(ローソン)

袋を開けた瞬間に、はちみつ独特の甘い香りが漂ってきます。味もはちみつの風味が豊かで、すっぱさは僅かに感じる程度。すっぱいのが苦手な方でも食べられそう。

④まるごとおいしい干し梅(カンロ株式会社)

色々なコンビニで見かけるので一番手に取りやすいかも?味はほんのりとした甘さの後にすっぱさがきて、肉厚な果肉はやわらか。全てのバランスが取れた干し梅の優等生です。

⑤萬福臨 ほし梅(トモサン株式会社)

果肉硬め&乾燥系の種あり干し梅。「やっぱり梅は種を味わっている時間が至福よね」という方にはたまらない味ですよ。一粒口に含めば長い間すっぱい幸せを味わえます。

記事に関するお問い合わせ