無料の会員登録をすると
お気に入りができます

婚活はやめるべき?結婚への出会いを掴むためにやめるべき3つのこと

失恋をした後や婚活していても出会いに繋がらない状態が続くと、悩みやコンプレックスが増大します。しかし、それこそが幸せの邪魔をする原因なのです。どん底状態から幸せな結婚を手に入れた女性の実例エピソードをもとに、3つのやめるべき行動や思考の癖をお伝えします。

恋愛・結婚

女性としての悩みやコンプレックスからの「婚活」はやめるべき

大きな失恋をした後や婚活していても出会いに繋がらない

大きな失恋をした後や婚活していても出会いに繋がらない状態が続くと、この先ずっと暗く寂しい道のりが続くのでは……と不安に感じる女性は少なくありません。本当にそのまま続いていくものなのでしょうか?

先日、Rさんという女性から、結婚が決まったという嬉しいニュースが届きました。彼女はカウンセリングとして私のもとにやってきたのが約1年前。

始めはどん底状態だった彼女ですが、無事に幸せな結婚を手に入れることができたのです。これには、ちょっとしたきっかけがあったように思います。これを読者の皆さまにもシェアさせていただきます。

運命の相手と出会うために「やめた」行動や思考の癖とは?

約1年前、カウンセリングとして、まずは彼女自身に過去を振り返ってもらいました。彼女の中の過去のつらい思い出が、悩みやコンプレックスとなり彼女の恋愛に影響を与えているのでは、と感じたからです。

Rさんは多くの女性たちと同じように、お付き合いしていた男性とこのまま結婚できるのか、不安の渦中でもがいていました。彼女は結婚を望んでいたのですが、お互いの結婚のイメージが合致せず、30代中盤に差し掛かった年齢でお別れすることになります。

なぜ別れることになったのか聞いてみると、彼女は過去にお金のことで苦労した経験があり、それを結婚、そして彼自身に求めてしまったことが恋愛がうまくいかないことの要因になっているようでした。

確かに、人は自分の中に悩みやコンプレックスを抱えていると、その足りないものを相手で埋めようとする傾向があります。自分に不足しているものを相手に求めると、依存関係が生まれてしまいます。

そうなると、自分が描く理想の男性とは簡単には出会えなくなります。ある人に依存している状態で、次の相手を探しても同じ人は現れません。また、悩みやコンプレックスの裏返しを「条件」にすれば、「人間同士の相性」ともギャップが生まれ、理想と現実に揺れ動くことになるからです。

実際、Rさんはお金で苦労して以来、経済的に豊かな年上男性を理想のタイプに掲げて、元彼と付き合い始めました。でも、多忙でほとんど会えず結婚を考えてくれない彼に対し、悲しさや不安が募っていく。結婚して幸せな家庭を築きたいRさんの願いとは裏腹な相手なのに依存してしまう。好きだから別れ難くなり、悩んでしまう……という状態を繰り返していたのです。

そんなRさんが、自分を変えたいと行動を始めたのが約1年前でした。そのおかげで半年後に運命の相手と出会い、結婚が決まったのですが、それはいったいどんな行動だったのでしょうか?

1. 元彼との決別で、「過去の幻想を追い求める」のはやめた

まずRさんがやったことは、なかなか別れられない元彼との決別です。「前に付き合っていた彼との関係にしっかりけじめをつけたことが、出会いを引き寄せたと思います」とハッキリ答えたのが印象的でした。

そもそも彼女は、決して出会いがないタイプではなかったのに「彼を失ったらそれ以上の人は現れない」と思い込んでいました。それは、彼女のコンプレックスから来る執着、その彼と結婚したいという執着から来るものです。

確かに、交際中に「彼と結婚できるだろうか」と不安になっても、自分から別れることはすごく勇気がいること。しかも、相手が自分にないものを持っている「理想の相手」だった場合、後悔するのではと不安になるでしょう。結果、カタチの上で別れられたとしても、ポッカリと心に穴が空いた孤独の時間に元彼から連絡があればつい応じてしまい、またヨリを戻してしまうような恋愛を繰り返してしまうのです。

Rさんだけでなく、彼氏と付き合うことで泣かされ、つらくなるような恋を断ち切れず、繰り返してしまう女性を見かけます。

でも、そんなあなたを悲しませるような人は本物のパートナーではないのです。今はつらくてもその恋に終止符を打ち、勇気を持ってその彼と別れてください。幸せになるための大事なステップは、自分から過去の恋愛と決別することです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ