無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「結婚に興味がない」男性の本音

恋愛・結婚

結婚に興味がない男たち

付き合っている彼が結婚しようとしない。

付き合いたての、盛り上がっていた時期にはちょくちょく耳にしていた「将来、結婚したらさ……」はなかったことになりつつ、いつしか「結婚」というフレーズ自体がなんとなくタブーのような雰囲気すら持ちはじめた。

「はたしてこの男、私と結婚する気あるんかいな?」と悩む女性、多いですよね。

一番の勝ち組は言わずもがな付き合う前に「結婚を前提として付き合ってください」という恐らくはこの世で「愛してる」の次に美しい言葉を言われた女性です。

南海キャンディーズの山ちゃんが蒼井優さんに言ったセリフですね。これは付き合う前から心底女性に惚れているレアパターンです。将来への責任、さまざまな困難を乗り越える覚悟、そして何があっても愛し抜くという固い決意を持った男性のみが発言する奇跡の言葉。

でも、中にはこのセリフで告白しておきながらでも、時間の経過と共にフェードアウトする男性だっています。

このように「男が結婚しようとしない問題」は入り組んだ迷路のように複雑で、この先人類がいつか滅びる日まで絶対に解決しない問題と言い切れますが、今回は「結婚しようとしない男の心理と対策」について書かせていただきます。

結婚しようとしない男は3種類に分かれる

結婚しようとしない男性は大きく分けると3つに分かれます。本当はもっと細かく分けることができるのですが、そうすると10種類以上になってしまうので、代表的な3つを書いていきます。

1つ目は最悪のパターン。特効薬はない

まずは「そもそもこれっぽっちも結婚願望がない」です。

これが最悪のパターンです。

「じゃあ彼女作んなよ」というご意見もあるかと思いますが、そうはいかないのが人間関係。結婚と恋愛は別物というスタンスの男性に捕まってしまう女性が今回のテーマである「彼氏が結婚しようとしない問題」に最も苦しみます。

このタイプに一番していけないのはゼクハラです。

ゼクハラとは、ゼクシィ・ハラスメントの略で、結婚を意識させるために雑誌の『ゼクシィ』を買ってくることを意味していますが、ほかにも友だちの結婚式や子どもの写真を見せたり、街でウェディングドレスのショーウィンドウで立ち止まったり、彼の名字に自分の名前を書いたメモを見つかるように置いておくことも含まれます。

すればするほど彼は逃げていくでしょう。解決策は時間の経過しかありません。どうしても彼と結婚したいのであれば、絶対に諦めず、しっかりと信頼関係という名の絆を強くするのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ