無料の会員登録をすると
お気に入りができます

すぐに「感情的になる人」の特徴

恋愛・結婚

5.自分を客観的に見る目を養う

外にいるときは、自分を見る、もうひとりの自分の目を持つようにします。

一歩引いた第三の目を持つようにしていると、自分のことを客観的に見ることができるようになります。

今、自分が不機嫌になったら、まわりからはどう見えるのか、そのあとどういう影響が出るのかということを想像してみます。

一時の感情に振り回されるのではなく、そのあとの影響についても客観的に見ることができるようになると、少しは冷静になれるはずです。

感情的になってしまったときの対処法

感情的になってしまう人は、イラッとした瞬間に何か言ったり行動したりすることが多いので、感情があふれてきそうな感覚になったら、ひと呼吸置くことがポイントです。

決して、その場でなんとかしようとしないことです。

トイレへ行くなどその場を離れる

「その場で感情をぶつけてもいいことはない」と心に留めて、オフィスで怒りが沸いたときには、席を立ってトイレに行ったり休憩室に行ったりして、まずその場から離れましょう。

電話中なら電話を切る

社外の人との電話中に衝動が湧き上がってきたときには、「かけ直します」と言って、いったん電話を切りましょう。

冷静になれるよう頭を冷やす

そして温かい飲み物を飲んだり、深呼吸したりして、冷静になるように頭を冷やします。

感情が爆発してしまったときも、その場でなんとかしようとせずに、まずはひとりになって冷静になることを意識しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ