無料の会員登録をすると
お気に入りができます

朝から行列!?女子が行きたい台湾式朝食専門店「東京豆漿生活」の豆乳スープがヤバうまかった

タピオカを筆頭に注目が集まる台湾フード。五反田の「東京豆漿(トウジャン)生活」は、「台湾そのものの味が堪能できる」と今SNSで注目の都内でも珍しい本格的な台湾式の朝食専門店。オシャレで開放的な雰囲気の店内は、デートにうってつけ♪一番人気の豆乳スープ「鹹豆漿(シェントウジャン)」をはじめ、朝から元気になれるメニューをご紹介します。

グルメ

豆乳スープにパン・・・本場台湾の朝食を堪能/東京豆漿生活

五反田駅から徒歩5分、大崎広小路方面に向かう途中に「東京豆漿(トウジャン)生活」はあります。

店主の田邊さんは、朝食を大切にする台湾の食文化に触れ、学生も社会人も朝から活発に過ごす様子に感銘を受けて「日本でも台湾の朝食が食べられるお店を開きたい」と思ったのが「東京豆漿生活」を開くきっかけになったのだとか。

オープンするにあたって「お客さんが日常的に利用できるように」と、オフィス街と住宅地の中心エリアにあたるこの立地を選んだそう。

入り口には可愛い看板がお出迎え♪平日は出勤前のビジネスパーソンや近隣のご近所さん、休日はやカップルや遠方から足を運んで・・・など、さまざまなお客さんで行列ができるほどの人気ぶり!

店内に入ると、コンクリートと木目を基調にした素朴な造り。通り沿いに面した大きな窓からは、たっぷりと光が差し込み、明るい雰囲気。ここで丁寧な朝食をとれば、ステキな一日を過ごせそうな気がします!

とろっとろの豆乳スープと、一日200個完売の「酥餅(スーピン)」を堪能

カウンターからキッチンの様子をうかがうこともでき、台湾現地の食堂を思わせる雰囲気です。レジ横には、スタッフがその日の早朝から焼き上げる台湾式パンが並びます。

パンとパイの間のような中国菓子、「酥餅(スーピン)」。焼き菓子のような甘い系と、具材に大根や肉などのお惣菜が入ったしょっぱい系を常備。テイクアウトもOK!

毎日200個以上が午前中には完売してしまうそう!訪れたこの日、11時過ぎにはもう売り切れ間近でした。特に土曜は朝から行列が出来るので、早めの来店がマストです!

カウンターでオーダーし、その場でお会計を済ませたら、早速テーブルへ♪

今回は定番の朝食「鹹豆漿(シェントウジャン)」、「花生餅(ピーナッツ)」と「胡麻餅(ゴマ)」をオーダーしました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ