無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ホット梅干し・焼き梅干しでダイエット!1日3粒で効果的

美容

梅干しを温めた「ホット梅干し・焼き梅干し」にダイエット効果が!

梅干し3粒で痩せるって本当? その理由とは?
私たち日本人に馴染み深い梅干し。そんな梅干しを温めるだけで、ダイエット効果がアップする「焼き梅干しダイエット」または「ホット梅干しダイエット」が話題です。

そこで今回は、「梅干しを温めるだけでどうしてダイエット効果がアップするのか?」「その方法は?」「上手な食べ方とは?」等について、詳しく解説していきたいと思います。

「焼き梅干し」に期待できる効果は

「焼き梅干しダイエット」とは、レンジやコンロなどで温めた梅干しを1日3粒食べるという方法です。梅干しは、そもそも1粒で約3~6kcalと低カロリーなうえ、健康&美容に役立つ成分がたくさんのジャパニーズ・スーパーフード!

梅干しを温めることで、どのような効果が期待できるのかを、次から詳しく紐解いていきましょう。

「焼き梅干し」の効能1 バニリンで脂肪燃焼を促進しダイエット効果

バニリン効果で脂肪燃焼促進
梅干しの中にはバニリンという成分が含まれており、そのバニリンという成分に脂肪燃焼効果があることが、近年の研究によって分かりました。

摂取されたバニリンは小腸で吸収され、脂肪細胞を刺激。その刺激によって脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエットにつながると言われています。

また、梅干しの中には脂肪燃焼効果のあるバニリンの他に、バニリンとよく似たバニリングコシドという成分が含まれています。このバニリングコシドという成分には脂肪燃焼効果がないのですが、加熱することでバニリンに変化することが分かってきました。

結果、梅干しを温めることでバニリングルコシドがバニリンに変化し、バニリンの量が20%もアップ! より脂肪燃焼を促進することで、ダイエットに役立つというわけです。

ちなみに、バニラアイスの中に含まれるバニラビーンズにもバニリンが含まれています。アイスを選ぶ際に気を付けることは、「アイスミルク」や「ラクトアイス」ではなく、乳脂肪が12%以上の「アイスクリーム」を選ぶこと。近年の研究で、アイスクリームに含まれる乳糖には、皮下脂肪や内臓脂肪を抑える効果があることが分かりました。

ただし、乳脂肪分が高いものはカロリーが高く糖分も多め。ごはん代わりに食べることや、日常的なおやつとしてアイスクリームを勧めるわけではありません。食べ過ぎはもちろんNGです。

「焼き梅干し」の効能2 ムメフラールでむくみ解消

梅干しを温めることで生まれる成分、ムメフラールでめぐりのよい体に!
梅に含まれるムメフラールという成分にもダイエットや健康効果が期待できると言われており、このムメフラールという成分も、梅干しを温めることで生まれる成分であることが研究によって分かっています。

ムメフラールはクエン酸と糖が結合し、つくられているもので、血流改善効果が期待されています。血流がよくなることでダイエットの大敵であるむくみや冷えの改善にもつながります。さらに、血流がスムーズになることで体も温まり、代謝もアップ。ダイエット効果も高まります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ