無料の会員登録をすると
お気に入りができます

押し入れの収納アイデア実例!布団・洋服もスッキリ片付く!

ライフスタイル

ただ詰め込むだけでは、出し入れがしにくくなるばかりで、せっかくの収納スペースが無駄になってしまいます。押し入れという収納スペースの特徴を頭に入れて、上手に活用しましょう。

奥行きの深さもしっかり活用!中段・下段中心の押し入れ収納術

押し入れの造りは高さ方向に、上中下3つのスペースに区切られているのが一般的です。出し入れのしやすい中段には普段使いの布団をしまうと上げ下ろしがラクにできます。

下段にはシーツやカバーといった寝具を衣装ケースで収納。上段には節句の飾りやクリスマス用品など、たまにしか使わないモノをしまうといった具合に、各段の使いみちを決めていくことが活用のコツです。

左:無印良品の布団ケースとプラスチックケースで季節外のモノを収納。右:使用頻度とアイテムに応じて上中下3段を使い分け

押し入れ収納には、どの家庭にも当てはまる「これが正しい使い方」という手本がありません。押し入れのある部屋が寝室なのか、リビングに近い場所なのかという条件によって、しまいたいアイテムや分量が家ごとに違っています。

洋服をしまう場合には、中段に突っ張り式のパイプを設置したり、スタンド式のハンガーパイプを置いたりしてハンガー掛けができるようにします。下段に引き出しケースを重ね置きにすると、たたんだ服や季節外の服の収納場所として使えます。

中段に棚がないためクローゼットのような使い方ができる。手前にハンガー掛けの服、奥の棚にはボックスを用いて衣類やバッグを収納

中段の奥に棚を置いて、手前を空けることで作業スペースとして利用できる。下段に引き出しケースを置くことで床からの湿気を防ぐ効果も
押し入れは奥行きが深いため、手前側に吊るした服の裏まで使えるようにすると収納量が増やせます。下段には押し入れ用の引き出しケースを設置することで、奥行きがフルに使えます。奥行きが浅い収納ケースでもキャスターが付いていれば、季節家電を裏にしまって奥まで使いきることも可能です。

左:アイロンがけや裁縫をする家事スペースの部屋に。右:中段の本棚手前をワークスペースに
また、引き違いの襖がある押し入れは全開にできないので、使い方が制限されてしまいます。その襖を取り外してカーテンに切り替えれば、押し入れの中にラックや棚の設置が可能。おもちゃや本、ミシン、アイロンなどを収納すると部屋の用途が広がります。

押し入れをおしゃれにリフォーム!収納スペース活用法

就寝スタイルがベッドの場合は敷布団をしまう必要がありません。季節外の掛け布団をしまうだけなら、押し入れがなくても大丈夫。そして洋服収納をメインにするときには、中段で上下のスペースに区切れているのは不都合です。

もしもリフォームができるのであれば、中段を取り外してクローゼットスタイルに造り替えると使い勝手が良くなります。その場合はハンガー掛けのパイプを取り付けて、市販の引き出しケースや棚を組み合わせるといいでしょう。

UR賃貸左近山のモデルルームをIKEAがリフォーム。壁面収納のような大型クローゼットにチェンジ。カーテンで目隠しするだけなので部屋への圧迫感がない

UR賃貸金沢八景のモデルルームを東急ハンズがリフォーム。縦に仕切りを入れて小物収納ゾーン、ハンガーゾーン、書斎ゾーンとして多用途に使える
押し入れが一番大きな収納スペースだという住まいがあります。そのため、布団や洋服、季節家電、レジャー用品、子ども用品など多様なアイテムをしまう大型収納という位置づけになることも。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ