無料の会員登録をすると
お気に入りができます

温厚な人の特徴8つ

温厚な人に共通する8つの特徴を心理カウンセラーの萩原かおりさんが解説。怒ることはない? また性格のメリット・デメリットとは? 温厚さを長所にするコツを紹介します。

萩原かおり(心理カウンセラー)

ライフスタイル

温厚というと日本人らしく謙虚な印象もありますが、実際に「温厚だよね」といわれる人は、まわりからどんなイメージを持たれているのでしょうか?

今回は温厚だといわれる人に向けて、その特徴や性格の活かし方を紹介します。

「温厚」ってどんな性格?

温厚とは、穏やかでやさしく、情に厚い性格のことです。

にこやかでおとなしく、暴力的な態度をとらず、ぶっきらぼうな対応もしません。常に相手のことを考えて愛情深い行動する人が多いでしょう。

協調性が高い人によく見られる性格のため、比較的日本人に多い性格だともいえます。

温厚な人の8個の特徴

では、どんなタイプが「温厚な人」とされるのか、具体的な特徴を見ていきましょう。

(1)滅多に怒らない

温厚な人は滅多に怒らず、常に穏やかです。

会話の際は声を荒らげずにゆったりと落ち着いた声で話すので、柔らかい口調でまわりを安心させるでしょう。

そのため初対面でも打ち解けやすく、気難しい人の心も開かせるスキルを持っています。

(2)のんびり屋

温厚な人はのんびりした雰囲気があり、いつもゆったりとした立ち振る舞いを見せます。

バタバタしている場面でもひとりで寛いでいるなど、落ち着いた言動で周囲を和ませることもあるでしょう。

また、ふとした瞬間物思いにふけることがあります。自分の殻に閉じこもったり空想にふけったりして、じっくり物ごとを考えるのが好きなのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ