無料の会員登録をすると
お気に入りができます

老化を進める原因は?健康な細胞作りは「生活の質」にある!

美肌と健康を維持する上で共通するもの、それは「細胞」です。いつまでも若々しくいたい、綺麗でいたい、これらはすべて「生活の質」が大きく関係してきます。
一日でも早く老化を遅らせるための対処法を伝授します。

美容

老化を進める原因とは?

godmake.me

酸化(サビ)

私たちが吸っている酸素は、さまざまなことがきっかけで「活性酸素」へと変化します。そのきっかけとは、ストレスや紫外線、喫煙、食生活の乱れなどです。

本来、呼吸によって取り入れられた酸素のうち、約2%は活性酸素になるといわれています。活性酸素は、細胞を保護してくれる役割を持ちつつ、体内で増えすぎてしまうと細胞を傷つけてしまう厄介者に変わります。

酸化は、「身体のサビ」といわれていますが、毎日普通に生活しているだけで活性酸素は体内で作られているもの。そのため、生活習慣を見直し、日常的に酸化(活性酸素)を増やさないことが老化対策につながります。

糖化(コゲ)

糖化は、食事などから摂取した余分な糖質が体内のタンパク質を分解して、身体の細胞を壊してしまうことを指します。

血液中をめぐる余分な糖は、「身体のコゲ」ともいわれ、体内を変性させながらAGEs(糖化最終生成物)を作り出し、肌や髪、体内の細胞にまで影響を与えます。このAGEsは、体内で分解されにくいため、蓄積されるとシワやたるみ、動脈硬化などの原因になってしまうので注意が必要です。

糖質を摂らない生活は、身体への負担にも繋がるため、食生活や生活習慣を変えることで予防することができます。食事で心がけるポイントは、食後の血糖値が上がりにくい「GI値」の低い食品を摂取すること。食後の糖の吸収をできるだけ抑えてくれるようなものを摂取すると、身体への負担も減ります。

健康的な細胞作りに必要なことは?

godmake.me

紫外線を予防する

肌老化の原因は、加齢2割、光老化8割といわれています。いつまでも若々しい細胞を維持するためには、紫外線を遮断することが必要!紫外線は、活性酸素を発生させる要因のひとつであるため、しっかり対策をしなければいけません。

日焼けを防ぐためには、「日焼け止めを使用する」ことが大切。2~3時間置きの塗り直しを行いましょう。さらに、日焼け止めのみでは対策が不十分であるため、「物理的」に遮断できるように日傘や帽子などを用いて紫外線を予防するとよいでしょう。

紫外線を浴びてしまった日は、抗炎症成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」や「m-トラネキサム酸」などを配合している化粧品がおすすめです。夏場に限らず、一年中紫外線はあるので毎日塗布するようにしましょう。

しっかり睡眠をとる

質の良い睡眠は、老化を抑えることができるといわれています。睡眠不足は、病気のリスクが高く、細胞の老化にまでつながることが明らかになっています。

肌や腸、自律神経とすべての機能に影響を与える睡眠は、健康な細胞をつくるために欠かせません。とくに、若返りホルモン(成長ホルモン)は、就寝3時間後から分泌されます。そして、腸のゴールデンタイムは、副交感神経の活動がピークをむかえた腸がよく動く24時以降です。そのため、遅くても24時には就寝するとよいでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ