無料の会員登録をすると
お気に入りができます

髪の色を暗くしたい!トーンダウンする際の基礎知識

ヘアスタイル

明るい髪を暗くする〈トーンダウン〉する場合

godmake.me

せっかく暗く染めても、ベースがかなり明るかった場合は、色落ちが早くまたすぐに明るくなってしまいます。ダメージや金銭的なことを考えても、できるだけそう頻繁には染めたくありませんよね。

そして、暗くても色味を感じて楽しみたい、という場合もあれば、自然なブラウンにしたい、とか、地毛に馴染むようにしたい、という場合もあると思います。

それでは、ダークカラーにはどんな種類があるか見ていきましょう。

ファッションカラーとグレーカラー(白髪染め)の違い

godmake.me

まず、美容室でいうファッションカラーとグレーカラーの違いは、ブラウンがベースに入っている量の違いと考えられます。ファッションカラーは明るめで色のバリエーションが豊富。ブラウンの分量は控え目で、もっと鮮やかな色、または色素の薄いやわらかい色味が可能です。

対するグレーカラーは白髪にしっかりと、全体と馴染むように色を入れるという目的が前提としてあるため、ブラウンの分量が多く入っています。その為、トーンダウンする際にも違いが現れます。

ファッションカラーでトーンダウンする場合

godmake.me

グレーカラーに比べて色味の違いがわかりやすく、鮮やか。また、透明感のある色素の薄い柔らかい印象に仕上がるため、暗くしても重たい印象を避けられます。

ただ、ブラウンの濃いグレーカラーよりも色落ちは総じて早い為、はじめは自分のほしい明るさよりも1段階暗く仕上げた方が色持ちは良いでしょう。

逆に、今後また髪を明るくする予定がある場合には、ファッションカラーで染めておいた方が、後に暗い色(ブラウン)が残らず、明るく染めやすいのでおススメです。

グレーカラーでトーンダウンする場合

godmake.me

グレーカラーの場合、ブラウンをしっかり定着させてトーンダウンさせる為、ファッションカラーに比べて色持ちがよいです。深く濃くダークカラーを入れたい場合にはこちらがおススメです。

ただし、今後明るくする予定がある場合には注意が必要。理由は後述します。

暗くするときの注意

godmake.me
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ