無料の会員登録をすると
お気に入りができます

苦しい恋のグルグル思考にハマッているあなたへ

恋愛・結婚

“恋わずらい”とは、恋の悩みによって病気になっているような状態のこと。

筆者の愛するジャニーズアイドル「King & Prince」にも『koi-wazurai』という楽曲がありますが、でも中学生じゃあるまいし、恋わずらいで仕事が手につかない、人格が変わる、食欲がないなんて状態、アラサーではレアケースですよね?

恋わずらいは、久々に恋愛した人がなりやすい

「どうでしょうね。ただ、そんな状態におちいっているアラサー女性から相談を受けることは、けっこう多いです。

好きな相手となかなかうまくいかず、好きになってほしいとあれこれ悩み、彼のことを考えれば考えるほど不安になったり、執着したり。僕は人がこのような状態になった時を、『恋愛回路』ができたと言っています。

恋愛回路とは、恋愛感情を抱いた相手のことを一定期間以上、思い通りにしたいと考えていると、脳の一定の領域にその人のことを考える回路ができるというものです」。

恋愛回路ができれば、何もしなくてもその相手のことを考えてしまいます。たとえば彼の出身地がニュースに出ていれば彼を思い出し、電車で恋人たちが手をつないで座っていれば彼のことを思い出します。ひどくなると仕事中でも、誰かと話していても、きっかけもなく、ずっと彼のことを考えてしまうのです。

なるほど、“恋愛回路”ですか。その恋愛回路というのは、どんなタイプの人にできやすいのでしょうか?

「生まれつき恋愛回路ができやすい人はいると思っています。それ以外だと、恋愛経験が少なくて、自分に自信がない人ですね。もちろん過去に恋愛経験があってもそれが数年ぶりだったり、久々に配偶者以外の異性と親しくなった既婚者など、長らく恋愛の現場から遠ざかっていた人もできやすいでしょう。

他にも、いつも恋愛していないとつらい恋愛体質の女性、見た目の美しさなどで過去にちやほやされていた女性が、ちやほやされなくなると恋愛回路ができやすくなると感じます。

その人が普通なら届かないほどスペックの高い男性を好きになり、その男性が手に入りそうで入らない距離にいれば、恋愛回路はできやすいでしょう。

寝ても覚めても考えてしまう=“恋愛回路”ができている状態

先ほども言いましたが、一度恋愛回路ができると、きっかけがなくても相手のことばかり考えてしまいます。例えばその相手がアイドルだったり、ライブでしかみたことのないミュージシャンだったとしても、本人が『手に入るかもしれない』と信じ込んでいれば、恋愛回路はできます。

SNSでフォローしていた相手が、フォロー返しをしてくれただけで“脈あり”と思うなど、自分中心にいいように解釈してしまう人も多いです。

そう考えると分かると思うのですが、恋愛経験が少ない人ほど、あるいは恋愛から離れている時間が長ければ長い人ほど、カンちがいし、思い込み、恋愛回路ができて、抜け出せずに苦しみますね」。

ギクッ、痛いところをついてきますね。そんな苦しみからは早く解放されて、ハッピーな恋愛を楽しみたいものですが、そのためにはどうすればいいんでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ