無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ごろっとフルーツサンドに食べてるみたいなメロンソーダ!日本初のメロン専門工房に潜入してきた

グルメ

メロンの味わいを存分に楽しめる、大人味のメニューが魅力/果房 メロンとロマン

2019年7月、神楽坂にオープンした「果房 メロンとロマン」は、日本初のメロン専門店。1階にはテイクアウト専用のショーケースと、奥には工房があり、作りたてのフード&ドリンクは2階のカフェスペースで楽しむことができます。

実は同店は、国内のメロン生産量第5位(2018年産)を誇る、青森県つがる市が運営しており、旬の7月から9月はつがるのメロンを贅沢に使用。それ以外のシーズンは国内外のメロン産地から選りすぐったメロンを取り寄せ、その特徴を活かしたフードやドリンクを提供しています。

「メロンとロマン」という店名に込められているのは、メロンをきっかけに産地であるつがるを知ってもらい、「旅行の目的地にしてもらいたい、そして気に入ってもらえたならば移住も案内したい!」という、地方創生の一端も担っているとのこと。つがる市の壮大な夢が詰まっています。

ゆったりソファで座れる、2階のカフェスペース

さっそく、カフェスペースがある2階へ! 隠れ家のような雰囲気もある縦長のスペースは、ゆっくりくつろげるソファ席が並び、女の子とメロンの出会いと交流を描いたムービーが常時流れています。

メロンの塊ごろっと入ったフルーツサンド

ごろっとカットされたメロンが見える萌え断の「生メロンのフルーツサンド2種セット」(1,000円)。オレンジの果肉のレノンと、グリーンの果肉のキスミーという、つがる産の2種のメロンを使用しています。

持ってみるとこの厚さ!オレンジ果肉のレノンはギュッと濃厚な甘さとジューシーさが特徴。メロンの香りと果汁が口いっぱいに広がります。

グリーン果肉のキスミーは、さっぱりとしていて上品な甘さ。2種を食べただけでもメロンの味が全く違うことがわかります。

メロンを包むのは甘さを抑えた自家製の生クリーム。上下は薄めのレーズンパンでサンドしており、口に入れると、レーズンの香りもふわっと広がります。クリームがたっぷり入っていますが、全く重くないので、おやつとしてもランチとしても食べられる一品♪

メロンを食べているような感覚で飲める!メロンクリームソーダ

ドリンクを合わせるなら「専門店のメロンクリームソーダ」(680円)をどうぞ。ソーダといっても、実はメロンだけで作ったフレッシュジュース。飲んでいるのに、メロンを食べているような感覚になります!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ