無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知らないと目が小さく見えるNGアイラインはコレ!プロが教えるデカ目に見せるアイラインのコツ

メイク

あなたはやっていない?実は損するNGアイライン

①実は逆効果!極太アイライン

目を大きく見せたい、強調したいと思った時、ついアイラインを太く描いてしまう人がいるようですが、これはNG!目がかえって小さく見えてしまいます。

②抜け感ゼロ!ダークカラーで囲みアイライン

目ヂカラをアップさせようとして、ダークカラーのアイライナーで目の周りをぐるりと囲み人がいます。しかし、これも残念ながらNGアイメイク!目が小さく見えるだけでなく、抜け感ゼロで怖い印象を与えてしまいます。

③鮮やかな色で上まぶた全体に描くアイライン

カラーライナーはまだまだブームの予感があります。トレンドを適度に取り入れると、垢抜けて見えるのでおすすめですが、さじ加減が難しいところです。

例えば、明るいブルーやイエロー、赤などの鮮やかなカラーライナーを上まぶた全体に使うと悪目立ちする恐れがあります。

そのため鮮やかなカラーは目尻だけなどポイント使いをするのがおすすめです。そして、ダークカラーで上まぶた全体のキワを引き締め、ダブルラインにしましょう。

目を大きく見せるアイラインのコツ

①まつげの隙間をダークカラーで丁寧に埋めつつ、細めにラインを描く

目を大きく見せたいなら、まずまつげの隙間を丁寧に埋めることが大切です。この時まぶたを少し上に引っ張るようにして描かなければまつげの隙間を埋めているのではなく、その上にラインを描いてしまうことに。注意しましょう。

また、この時細くラインを描くことも心がける必要があります。使用するアイライナーの色は、引き締め効果のあるブラックやブラウン、ネイビー、ボルドー、パープル、カーキなどがおすすめです。

ただし、色みが深すぎると目の引き締め効果が高くなりすぎてかえって目が小さく見えることがあります。そのためブラックを使う時などは特にツヤや透明感があるアイライナーを選ぶなど質感で抜け感を出すことを心がけましょう。

②自分の目のフレームに沿って描いて跳ね上げ、自然に長さを出す

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ