無料の会員登録をすると
お気に入りができます

動画解説だから分かりやすい♡簡単・おしゃれ「ストールの巻き方」8選

2019年10月
ファッション

ストールの巻き方をマスターしよう!

首元の防寒対策としてはもちろん、コーディネートのアクセントにもなる「ストール」は、秋冬のおしゃれに欠かせないアイテムですよね。けれど巻き方がワンパターンになる…なんて人も多いのでは?

zozo.jp

そこで今回は、そんなお悩みを解消する「ストールの巻き方レッスン」をお届けします。全て分かりやすい動画解説付き、完全保存版の内容になっています。ぜひチェックしてください。

簡単・おしゃれ♡ストールの巻き方8選

1.簡単でおしゃれ「ワンループ巻き」

zozo.jp

シンプルな手順でニュアンスのある首元を演出できる「ワンループ巻き」。ストールの厚みや大きさを問わない万能な巻き方なので、ぜひマスターしましょう。

instagram.com

①ストールを二つ折りにする。
②首にかける。
③垂れている方をループの中へ通す。
④ふんわり感を出すようにバランスを整えたら完成です。

2.小顔効果抜群「ねじりループ巻き」

Emma/エマ on Instagram: “また寒い〜!!!!!🍃 . ゆるっとループアレンジの 静止画載せておきます✴︎ . 巻き方は#ema動画 最新の動画にあるので よかったら見て下さい😊💕 . 昨日はあんなにあったかかったのにー!!💦 寒暖差。。 風邪に気をつけましょーー🤧!!!! . .…”
instagram.com

ワンループ巻きの進化版「ねじりループ巻き」。ねじりを加えるだけですが、ガラッと違う雰囲気に仕上がります。小顔効果と防寒力が高いのも嬉しいポイントです。

instagram.com

①2〜3回ねじる。
②二つ折りにして首にかける。
③それぞれねじってループに通す。
④ふんわり感を出すようにバランスを整えたら完成です。

3.くるっと巻くだけ「エディター巻き」

zozo.jp

ラフでカジュアルな印象に仕上がる「エディター巻き」。別名「一周巻き」とも呼ばれ、その名前の通りグルッと首に巻きつけるだけのシンプルな巻き方です。仕上げはふんわり感が出るように整えるのがポイントです。

①ストールを二つ折りにする。
②首にかける。(左右のバランスは1:2ぐらいで。)
③長い方をグルッと一巻きする。
④全体のバランスを整えたら完成です。

記事に関するお問い合わせ