無料の会員登録をすると
お気に入りができます

凹凸やニキビ跡、なかったことに!ナチュラルにカバーして美肌に見せる方法

美容

エイジング美容研究家の遠藤幸子さんによる、「お悩みシリーズ」も第4回目を迎えました。(お悩み企画の詳細は一番下からどうぞ!)

「お悩みシリーズ」

たくさんのお悩み、投稿いただきいつもありがとうございます!

今回はその中でもリクエストが多かった「肌の凸凹」についてです。

すずぴー 松通乃さんをはじめ、何人かの方から質問をいただきました。

「40代です。赤ちゃんの時の汗疹の跡とニキビ跡がクレーターのようになった肌で、特に小鼻のクレーターや毛穴が気になります。化粧で隠そうとすればするほど目立ってしまうのが悩みです」

「肌が荒れやすくニキビ跡がなかなか消えません」

今回は、こちらのご質問にお答えしていきたいと思います。

部分下地でカバー

肌に凹凸があると、ファンデが落ちてしまうこともありますし、何よりご本人は気になりますよね。そんなお悩みには、凹凸をカバーする部分用下地を使うのがおすすめです。

ナチュラルなものだと、m.m.m(ムー)というブランドのスキンスムーザー(3200円)という商品がおすすめです。

「塗るあぶらとり紙」とも呼ばれている商品で、毛穴や小じわといった肌の凹凸をカバーしながら化粧崩れを防いでくれます。

使い方も簡単で、日焼け止めの後に指に適量とって凹凸が気になる部分にクルクルとなじませるだけです。肌にヴェールをかけたように凹凸をカバーすることができます。この後、化粧下地を使い、ファンデ、フェイスパウダーと重ねるのがおすすめです。これでかなりカバーできると思います。

コスメキッチンの店舗やオンラインで購入することができる商品なのですが、非常に人気が高い商品で欠品していることが多いです。そのため見かけたらテスターで試してみて気に入ればすぐに購入するのがおすすめです。

ナチュラルなものにこだわらないなら、セザンヌ 皮脂テカリお直し液(580円)や、リサージのパーフェクトスムーサーN(3500円)といった商品もおすすめです。どちらも直接肌に塗ることができるタイプです。

効果や使用感ですが、リサージは先にご紹介したスキンスムーザーとよく似ています。凹凸の気になる毛穴はかなり目立たなくなります。

一方、セザンヌは、それらと比較すると凹凸をカバーする効果は劣り、目立ちにくくなるという評価になります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ