無料の会員登録をすると
お気に入りができます

レディ度がぐっと際立つ♡最旬ヘア「ショートボブ」オーダー見本帖

ヘアスタイル

秋冬ヘアなら断然「ショートボブ」

大人可愛い“ボブ”とハンサム美人の“ショート”。両方のいいとこ取りをしたのが、今回ご紹介する“ショートボブ”です。これからの季節に大活躍する「ハイネックニット」や「ストール」とも相性抜群で、今、注目を浴びていますよ。

この“ショートボブ”は、顔周りの髪を長く残し、後ろはコンパクトにカットしたスタイル。360度、どこから見ても小顔効果が期待できる優秀っぷり。ぜひ、挑戦してみませんか?

断然色っぽい「前髪ナシ」派

1.simple is best!ストレート

近寄りがたい雰囲気になりがちの“前髪ナシ×ストレート”も、ショートボブの丸いシルエットなら、印象も和らぎますよ。無造作に片耳を出せば、チラ見えするあごラインに色っぽさも満点♡

2.色っぽさ全開♡かきあげバング

色っぽさを狙うなら、断然“かきあげバング”がオススメです。生え際がフワッと持ち上がるよう、いつもと違う位置でサイド寄りに分けるのがコツ。毛先は内に向くようにブローし、かきあげない側は耳にかけてスタイリングを。

3.後ろにボリューム、横顔美人

前髪長めに取った、前下がりベースのストレートスタイル。このままではマニッシュな雰囲気になるので、後頭部にたっぷり空気含ませるように仕上げます。一気にレディ感がアップし、横からのシルエットも素敵にキマります。

4.華やかさ満点♡エアリーパーマ

同じ前下がりベースでも、表面をエアリーにするだけで、横顔美人のシルエットはそのままに華やかさがグッとアップ。ボリュームが出すぎるので、パーマは表面のみ。前髪もフワッと仕上げて色っぽアピールも忘れずに。

5.デキる女、センターかきあげバング

センター分けのかきあげバングは、表情がキリリと締まります。顔にかかる毛先は外に向くようにブローすればレディ感が出ます。センターでかきあげるポイントは、分け目をジグザグにすること。こなれた雰囲気が叶います。

記事に関するお問い合わせ