無料の会員登録をすると
お気に入りができます

電車内で他人のスマホを覗き見していた男性 気づかれるも「気持ち悪い」

ライフスタイル

(ben-bryant/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女優の古村比呂が11日にブログを更新。電車内で覗き見を目撃したときのことをつづった。

■熱い視線を感じ…

電車内にいたところ、熱い視線を感じたという彼女。向けられている方向を見ると、斜め前に立っていた男性がチラ見していた。

というのも、古村を見ていたわけではない。隣に立つ女性が操作しているスマホの画面を凝視していたのだ。女性は見られていることに気が付かず、スマホ操作から離れられない。

男性はその後も遠慮なくガン見。古村は「気が付いて」と願い、女性のほうに顔を向けて、目線をキープする。

関連記事:向井亜紀「健康な状態の54歳」 内視鏡検査でガン見つからず大喜び

向井亜紀「健康な状態の54歳」 内視鏡検査でガン見つからず大喜び

■見られていることに気付くが…

すると、男性は気がつき、古村の目線を遮る形で、つり革をつかむ腕を具合悪そうに顔を埋めた。覗き見をやめるかと思いきや、強敵だった。その体制をキープしたまま、再び男性は女性のスマホ画面を見始め、「オイオイ! まだ見るの!」と思わず心のなかでツッコむ。

3〜4駅過ぎても女性は気付かず、古村も「見られてますよ」と、男性が降車するまで声をかけられなかった。

■「気持ち悪くなるくらい」

古村は「気が付いた私が気持ち悪くなるくらいの凝視」と表現。「見られている自覚を持つ大切さを痛感」とも述べ、「こんな時どうしたらいいのでしょうか?」と問いかけ、記事を締めくくっている。

コメント欄では「古村さんも気をつけて」「後ろに人がいるときはスマホを見ないようにしてます」といった声が寄せられていた。

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎)

右京 園次郎
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ