無料の会員登録をすると
お気に入りができます

二重あご解消!顔ヨガ「とかげの舌」でたるみを撃退

美容

二重あご解消!フェイスラインをすっきりさせる顔ヨガ

二重あごで顔がもたついて感じませんか?

首元を露出する服を着る際、鏡をじっくり見てみましょう。「なんだか以前より顔がもたついている気がする。二重アゴが気になる!どうしたらいいの?」と困惑する方は多いのではないでしょうか?
今回は辛いダイエットをせずに、簡単に二重アゴを撃退する顔ヨガ「とかげの舌」のポーズを紹介します。

アゴ下にお肉がたまる原因

二重アゴの原因は肥満だけではありません。猫背姿勢、加齢などが関係している場合も考えられます。

特に冬の時期は寒さで代謝が悪い上に、首をすくめて生活する人は多いもの。さらに、厚手の洋服やマフラーでデコルテラインを隠し、見せていない安心感から、首周りが常にお休み状態になっていませんか? あごから首、そしてデコルテも全て筋肉です。動きが鈍ければ運動不足になり、たるみの原因になってしまうのです。

二重アゴにW刺激!顔ヨガ「とかげの舌」のポーズ

今回ご紹介する顔ヨガポーズは「とかげの舌」です。アゴ下をストレッチして舌筋をしっかり使いましょう。首の内側からと外側からのWのアプローチで、血行リンパの流れを良くしていきます。

ポーズ1

1.姿勢を正した状態から、首を伸ばすようにアゴを上に移動します。目線は斜め前です。

ポーズ2

2.喉の奥から舌をまっすぐ天井に突き出し伸ばします。

ポーズ3

3.舌先を尖らせてさらに上に向かって5回キュッキュッと持ち上げましょう。
喉が刺激を受けるまでしっかり動かします。

ポイント:首が弱い方は頭を倒さずに行いましょう!

「とかげの舌」は日中はトイレなどに隠れて行ってもいいでしょう。生活の中に頻繁に取り入れることで早目の効果が期待できますよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ