無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おからパウダーの次にくる!?ダイエッターのおすすめ発酵&大豆食品で簡単ごはん

レシピ

糀甘酒をつかった発酵スープレシピ

今年は「発酵鍋」という言葉をよく耳にしませんか?糀甘酒などの発酵食品+何かという組み合わせが流行ってきているんだそうです。

今回は、糀甘酒を使って鍋ではなく(鍋にしても良いけど)朝・昼・夜と食べられるスープにしてみました。

材料

・カットトマト缶 1缶
・糀甘酒 125ml
・コンソメ(顆粒) 大さじ2
・鶏肉(むね肉でももも肉でもOK) 180g
・キャベツ 1/8個
・玉ねぎ 1/4個
・舞茸 1/2パック
・えのき 1/2パック
・塩胡椒 少々
・ローリエの葉 2枚

作り方

① 鶏むね肉(又はもも肉)は一口大にカットフォークでグサグサ刺し(もも肉の時はしません)ビニール袋に入れて塩胡椒少々と麹甘酒30mlを入れて揉みこみ10分程おいておく。

② キャベツはざく切り、玉ねぎは薄切りにし、きのこは手でパラパラとほぐしておく。

③ 鍋にカットトマト缶と①で使った残りの麹甘酒を入れて、②の野菜と①で置いていた鶏肉を汁ごと入れ、コンソメ、ローリエの葉を入れて蓋をして中火で煮込み、5分くらいたったら弱火で15分程煮込む。

④ 鶏肉に火が通ったら出来上がり。お好みでとろけるチーズを少し入れて蓋をして2分程蒸らしてもOKですよ。

糀甘酒はみりんや砂糖の代わりにつかうとコクがアップし、糀のパワーでお肉が柔らかくなるかな?と鶏むね肉をつけてみました。

糀甘酒は「疲労回復」「整腸作用」「肌の水分量保持」と良いこと尽くめ!

そのまま飲むのはちょっと苦手という方は、スープや鍋に入れてみると美味しく食べられますよ。

大豆生まれの激ウマパフならヨーグルトにかけるだけ!

私もよく使っていますが、最近「おからパウダー」が人気でヨーグルトにかけたり飲み物に入れたりしている方も多いですよね。

でもおからパウダーだけだと味がないから蜂蜜やジャムを一緒に使うことに…。

この「ヨーグルトにかける大豆」の「いちご風味パフ」と「きなこ風味パフ」は植物性たんぱく質を摂れるだけでなく、かけただけなのに甘味もあって凄く美味しい!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ