無料の会員登録をすると
お気に入りができます

骨盤の歪みを抑える座り方!浅く腰掛けるのはNG

美容

骨盤の歪みとは? 座り方や日常のケア方法

歪みって何?

歪みとは一体何でしょうか? あなたも一度は「骨盤の歪み」「骨盤が歪んだ」という表現を使ったことがあるのではないでしょうか?

この表現は、あたかも骨が変形したような印象を受けますが、実際に骨が変形するようなことは少なく、関節に付いている筋肉のアンバランスが原因で、あたかも変形しているように見えているだけなのです。歪みとは、「筋肉がアンバランスな状態」と考えてみてください。

筋肉がアンバランスな状態が歪みだとすると、解消法はとてもシンプルです。硬い部分を伸ばし、弱い部分を鍛えて整えれば歪みが整うはず。そのためには、整体やマッサージ、ストレッチ、骨盤矯正などの方法があるでしょう。

でも歪んだものを整えるという以前に、「そもそも歪まないようにする」にはどうすればよいのでしょうか? 今回は、そんな歪みの根本原因と解決法について、プロの視点でご提案してみたいと思います。

骨盤の歪みの原因は、座り方・立ち姿勢など「日常の癖」

歪みのほとんどは、私たちが無意識で行っている「日常の癖」からきています。日常の癖とは、歩き方や立ち姿勢、座り姿勢などを指します。

特に、座り姿勢は歪みを引き起こす大きな原因です。なぜなら、長時間同じ姿勢を取り続けることが多いので、筋肉のアンバランスを加速させやすいからです。

座る時間についてはこのような統計があります。シドニー大学の研究員が世界20か国の成人を対象に「平均座位時間」を調査した結果によると、日本人の平均座位時間が最も長い420分(7時間)だったそうです(出典:「座りすぎ」が健康寿命を縮める/読売新聞)。もし、座り方が正しくなければ、1日7時間以上も骨盤に負担をかけ続けることになるのです。

つまり、正しい座り姿勢を習慣づけることが、骨盤の歪みを最小限に抑える方法だといえるのです!

骨盤の歪みを解消!正しい座り方をする3つのポイント

まずは正しい座り方を身につけていきましょう!ポイントは「椅子に深く腰掛ける」「体重は均等にかける」「足裏を床に着ける」の3つです。ひとつずつ解説していきましょう。

正しい座り方をつくる3つのポイント

■椅子に深く腰掛ける
椅子には深く腰掛け、背筋を伸ばしたうえで背もたれに寄り掛かりましょう。椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばしている方をたまに見かけますが、その方法は一時的には良い姿勢に見えても、長時間取り続けることで背中の筋肉が緊張し、肩こりや腰痛の原因にもなります。椅子にはもともと背もたれが付いていますから、深く腰掛けることを意識してみましょう。

■体重は均等にかける
椅子に座ったら、両方のお尻に均等に体重をかけるようにします。片側にだけ体重がのっていると、カラダ全体のバランスをとるために骨盤だけでなく、背骨や頭の位置まで影響が及ぶので注意が必要です。

■足裏を床に着ける
足裏全体を床に着けて座りましょう。足が床から浮くような状況は、体重がすべてお尻にかかり、歪みをさらに酷くします。椅子の高さを調整し、足裏が床にべったりと着くように意識しましょう。

骨盤の歪みを解消!オフィスでの座り方2つのポイント

基本の座り方を学習したところで、次にオフィスでの座り方を学習しましょう! 1日で最も長い時間を過ごす場所という方も多いので、歪みを抑えるためにしっかり学んでいきたいですね。

ポイントは2つ「パソコンの位置」と「キーボードの位置」です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ