無料の会員登録をすると
お気に入りができます

脱マンネリ&脱部屋着感!真冬の「パーカーコーディネートSNAP」10連発

ファッション

パーカーをもっとオシャレに着こなしたい!

定番中の定番アイテム“パーカー”は、カジュアルからキレイめまで、あらゆるスタイルに着回せるアイテムです。その半面、ワンパターンになったり部屋着感が出たりと、やや難易度が高いアイテムでもありますね。

𝐊 𝐀 𝐎 𝐑 𝐈 ︎ on Instagram: “@uniqlo
.
.
ウェットスーツみたいな素材のパーカー
.
.
形も素材も良くって¥1,990!色違いで欲しい🧡
パーカーって楽だし首も少しあったかいから好き☺️
.
.
#uniqloコーデ 💭💭💭”
instagram.com

今回は「パーカーを徹底的にオシャレに着こなしたい!」そんなお悩みを解消する、オシャレ達人の“真冬のパーカーコーディネート”をご紹介します。ぜひチェックしてください。

真冬の「パーカーコーディネートSNAP」10連発

1.定番アイテムで作るベーシックカジュアル

wear.jp

パーカー、黒スキニー、トレンチコートでコーディネートした、ベーシックなカジュアルスタイルです。足元はブルーのコンバースでアクセントをプラス。たくし上げた袖もポイントです。

2.淡色で春を先取り

wear.jp

ベージュのパーカーとブルーデニムの淡い色合いで春を先取り!アウターやスニーカーもベージュでまとめ、全体に統一感を出しています。そろそろマンネリ気味な冬ファッション、こんな風に“色”で春を取り入れては?

3.グレーのパーカーをスタイリッシュに

wear.jp

特に部屋着感が出やすいグレーのパーカーは、黒のアイテムと合わせて攻略しましょう。顔まわりにグレーが入ることで、黒の面積が多めでも重たく見えません。

4.引き締めカラーで甘さを引き算

wear.jp

ピンクとベージュの配色に、グレーのアウターを合わせて甘さを引き算したコーディネート。このバランス感が今っぽく見える秘訣です。インナーのレイヤードテクニックも参考になりますね。

5.ローファーでトラッド感を演出

wear.jp

パーカーとカットオフデニムで作るシンプルなコーディネート。足元はソックスとローファーで、トラッドなニュアンスをプラスしています。ソックスの“白”の効果で、全体に抜け感が生まれます。

記事に関するお問い合わせ