無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冬でも日焼け止めは必須?冬の紫外線対策方法とおすすめアイテム

ビューティ

冬でも日焼け止めは必須?

godmake.me

紫外線は1年中降り注いでる!

冬でも日焼け止めは必要か否か。答えは「YES」です。なぜなら、紫外線は1年中私たちがいる地上に降り注いでいるからです。紫外線の量は真夏と比べれば大したことはありませんが、冬の間中無防備に浴びてしまえば、シミやそばかすなどの原因になってしまいます。

また、紫外線は肌の乾燥の原因にもなります。特に冬場には外気が乾燥していることによって、肌が乾燥しやすくなっています。そこに紫外線まで浴びてしまうと、粉ふきや肌の赤み、かゆみなどの肌トラブルにもつながってしまうのです。

冬の日焼け止めは夏と一緒でOK?

冬でも日焼け止めが必要であることはお分かり頂けたかと思いますが、冬でも夏と同様の紫外線対策が必要かというと、そうではありません。

冬場には夏と比べれば日差しは強くなく、また曇り空の日も多いため、それほど厳重な紫外線対策は必要ありません。真冬でも真夏と同様の紫外線対策が必要になるのは、直射日光を遮るものがない標高の高い山の上や、雪焼けなどが生じやすいウインタースポーツ時ぐらいです。

また、真夏に使っていた日焼け止めをそのまま使用してしまうと、肌の乾燥などにつながってしまう可能性もあります。冬には冬の環境にあった日焼け止めを選ぶようにしましょう。

冬の日焼け止めの選び方&使い方

godmake.me

冬の日焼け止めの選び方とは?

冬の日焼け止め選びで重要になるのは、保湿力と使用感、そしてSPF値です。冬場には肌が乾燥しやすく、一般的な夏場の日焼け止めでは肌トラブルの原因になってしまう場合があります。

乾燥から肌を守るためには、保湿ケアと紫外線対策を同時に行うことができるバームタイプや乳液タイプの日焼け止めがおすすめです。特に化粧下地に使えるバームなどは使い勝手が良く、保湿ケアも兼ねてくれるので嬉しいですね。

また、夏場には汗で落ちにくいウォータープルーフでSPF値の高い日焼け止めが重宝するかと思いますが、冬場にはあまり高いSPF値の日焼け止めは避けるようにしましょう。冬の肌は乾燥によってバリア機能が低下しがちなので、あまり刺激を与えないような日焼け止めがおすすめです。低いSPF値の日焼け止めをこまめに塗り直すのが良いでしょう。

冬場の肌は何かと敏感になってしまいがちです。乾燥による肌トラブルでヒリヒリしたり、つっぱってカサついたりと気になる部分が増えてしまうものです。そんな敏感な肌に使っても心地よい、使用感の良いものを選ぶのも、冬の日焼け止め選びで重要な点です。敏感肌用のアイテムを選んだり、こっくりとしたテクスチャのものを選んだりなど、工夫するようにしましょう。

冬に日焼け止めを塗る時のコツ

冬に日焼け止めを塗る時には、夏よりも塗る範囲を狭くするのがポイントです。腕や脚、背中などまで露出することが多い夏場と異なり、冬にはあまり素肌を露出しないもの。着こんでしまっている部分にまで日焼け止めを塗っても、服でこすれてすぐに取れてしまったりとあまり意味がない場合が多いです。

冬に日焼け止めを塗る部位は、顔や首、襟足、耳の裏などです。メイク直しの際などにこまめに塗り直すようにしましょう。また、唇にも口紅を塗る前に日焼け止め効果のあるリップを塗っておくと、乾燥による皮むけなどのトラブルを防ぐことができます。

おすすめなのは、メイク下地として使用できる日焼け止めを使って、メイクの際にまとめてすべての部位に塗ってしまう方法です。塗り忘れなく、スマートに済ませることができますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ