無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実は自分にはM傾向が…エッチでもっと攻めてほしいときのアプローチ

恋愛・結婚

(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

多くの男性は、動画とカップルでするエッチは違うと理解しているからこそ、無難なエッチをするのではないでしょうか。

ですが、もっと攻めてほしいと思う女子もいることでしょう。そこで、fumumu取材班はアプローチ方法を聞いてみました。

①「友達がやっていて」

打ち明け方の切り口を別角度から迫ってみると効果的だそう。

「私はM傾向が強くて、今の彼氏がSであることからエッチの相性は抜群です。ただ、はじめは性癖を打ち明けることがとても恥ずかしかったです。そこで、女友達からのアドバイスを参考にすると大成功しました。
彼には、友達がああやってて…という風に架空の話を作り、女子側が攻めてもらえたことで興奮し『羨ましいと思ったなあ』という表現をすると、ダイレクトじゃないにも関わらず伝わります。
もちろん、彼が攻めることが好きだということが前提ですが、ワンクッションあると伝えやすいですよ」(20代・女性)

関連記事:スローが気持ちいい? 激しくないエッチのおすすめポイント

スローが気持ちいい? 激しくないエッチのおすすめポイント

②エッチで何も考えられない時にゴー

お酒で頼るのも方法ですが、もっと効果的なのは…?

「恥ずかしくていえないなら、お酒を頼るのも良いのですが…。個人的にはエッチが盛り上がったタイミング。自分も気持ちよくなるのに必死になっているときは、結構『言っちゃえー』って気持ちになるんですよね。
後から照れちゃったりはしますが、彼もだからこそ、本気で気持ちよくなってくれたんだと嬉しそう。エッチの要望はエッチ中に伝えましょう」(20代・女性)

③要望もプレイの一環

大切にしてくれているからこそ、優しいエッチをされるわけですが…。Mでもっと攻めてほしくて不満が溜まってしまうこともあるそうです。

「私はM気があり彼にガンガン攻めてほしいタイプ。彼は優しい性格なのでエッチの仕方も優しかったのです。しかし、それでは物足りずガンガン攻めて欲しい私は不満が募っていきました。
そこで私は『ここもっと強く触ってほしい』『もっと攻めて』など彼を誘惑することに。恥ずかしいけれど、これもプレイの一環だと思うと、とても興奮しました。回数を重ねていくと彼もスイッチが入って攻めてくれるようになりました」(20代・女性)

お互いにとってより良いエッチができるといいですね。

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ