無料の会員登録をすると
お気に入りができます

水で煮るだけ!? 業務スーパーの「即席パスタ」が手軽すぎる

ささっと済ませたい日のランチにぴったりなパスタですが、業務スーパーでソースいらずの便利な「即席パスタ」を発見。なんでも、水とフライパンがあればたった10分ほどでパスタができるんですって! これひと袋でできる、超便利な即席パスタを実際に作って試食してみました。

グルメ

水だけでパスタができるってホント!?

Photo by muccinpurin

各国の珍しいアイテムがそろう業務スーパーで「お鍋ひとつでかんたんパスタ」と書かれたパスタを見つけました。

ソースが入ったフライパンに少し多めの水とパスタを加えて作る “ワンパンパスタ” は知られていますが、パッケージの作り方を見ると、なんと10分ほどでパスタが味わえる、と書いてあります。もし本当にそうなら、サッと済ませたいランチにぴったりですよね。

実際に、どんな風に作るか検証してみました♪

即席パスタ「トマト&チーズソースパスタ」 &「チーズソースパスタ」

Photo by muccinpurin

左「トマト&チーズソースパスタ」
右「チーズソースパスタ」各198円(税別)

レトルト食品よりもひとまわり大きい袋に入った即席パスタは、生めんが入っているかと思いきや、実際に袋を持ってみると、カサカサ……と乾燥した音が聞こえます。

パッケージには「下ゆで不要のパスタ入り」の文字。写真を見てみるとおいしそうなトマトソースやチーズソースが絡んでいることから、この小さな袋にパスタとソースが入っているようです。

Photo by muccinpurin

袋の封を開けてみると、なかからは乾燥したパスタと、カップスープのような粉末が混じったものが入っていました。なるほど、ソースも乾燥していたから、カサカサという音だったんですね。

ペンネは市販のものよりもやや小ぶりに見えますが、それも即席パスタの作り方に関係あるのでしょうか。さっそく、パッケージの説明通りに作ってみたいと思います!

水とともにフライパンで煮るだけ!

Photo by muccinpurin

水500ccを沸騰させたところに、即席パスタをひと袋加えます。

このまま中火にかけ、焦げ付かないように時々底からかき混ぜながら、10分ほど煮ていきます。

Photo by muccinpurin

時間が経つにつれて水分が飛び、ご覧のようにソースにとろみがついてきました。7~8分経つとパスタも膨らみ、鍋底につきやすくなってくるので、火元から離れずにしっかりとかき混ぜてくださいね。

パッケージの表示通り10分で一度味見をしてみましたが、まだパスタに芯が残っていました。水を200cc追加して、さらに3分ほど煮込むとちょうどいいアルデンテに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ