無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デジタルアートのお花見!日本橋で「フラワーズバイネイキッド2020‐桜‐」を開催

旅行・おでかけ

「フラワーズバイネイキッド 2020 ー桜ー」が、2020年1月30日(木)から3月1日(日)まで、東京・日本橋三井ホールにて開催されます。

「フラワーズバイネイキッド 2020 ー桜ー」が、2020年1月30日(木)から3月1日(日)まで、東京・日本橋三井ホールにて開催されます。

“日本一早いお花見”を楽しめる人気イベント

「フラワーズバイネイキッド」は、クリエイティブカンパニーのネイキッド(NAKED Inc.)が手掛ける、花をモチーフにした体験型デジタルアート展。2016年から毎年開催されている人気イベントで、“日本一早いお花見”を楽しめることから、毎年多くの来場者が会場へと足を運んでいます。

“桜”をテーマに、アニバーサリーイヤーを祝福

2020年は、日本橋開催5年目を迎えるアニバーサリーを祝して、会場全体を“桜”でいっぱいに。五感を刺激する様々な演出を楽しめます。前回までのイベントで登場をした人気コンテンツも“桜”をテーマにバージョンアップし、これまでにない「桜」と出会える空間が作り出されます。

インタラクティブな体験

氷の花が咲く冬から、春へと移り変わる、雪解け水の川の流れとともに「フラワーズバイネイキッド」がスタート。大きなタンポポの綿毛が登場する「Dandelion Hill」では、綿毛に向かって息を吹きかけるとふわっと舞い上がり、景色が変わるインタラクティブな体験を楽しめます。ほかにも、降り注ぐ太陽の光を表現した「Glowing Garden」など、神秘的な情景を描く様々なガーデンが広がっています。

プロジェクションマッピング×本物の桜

見どころとなるのは、“日本一早いお花見”を象徴するお花見アート空間「桜彩」。プロジェクションマッピングや美術造作、本物の桜を融合した会場には、そよ風にのって桜がふわりと香るロマンチックな演出を楽しむことができます。桜の木の周りには、コンテンツをイメージしたドリンクや行先を占う花みくじ、観客の感情に応じて多様な桜が咲く演出などが展開されます。

キールズとのコラボ作品

また、キールズ(KIEHL'S SINCE 1851)とのコラボレーションによる作品も発表。スキンケア製品に使用される草花の香りを体験できるシャーレや、 化粧水「カレンデュラトナー」に使われる花びらの成分が抽出されていく様子をマッピングで表現したフォトスポット「ビックフラスコ」など、花と植物の演出が繰り広げられます。

全13作品を公開&さくらモチーフのメニューも

そのほか会場では、いけばな作品とコラボレーションした空間や、太陽と菜の花が輝く空間など、全13作品を公開。AIアーティスト「HUMANOID DJ」とコラボレーションした特別パフォーマンスの実施や、桜のドリンクやお菓子の提供など、様々なコンテンツも用意されています。

イベント情報

フラワーズバイネイキッド 2020 ー桜ー
東京都中央区日本橋室町2丁目2-1

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ