無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「うらやましい…」嫉妬する癖は直せる?人と比べないための考え方

誰かを妬めば妬むほど、自分が苦しくなりませんか? 人と比べないようにするには、どうすればいいのでしょうか。

ライフスタイル

誰かを羨む気持ちがとめられずに、自己嫌悪してしまう人もいるのではないでしょうか。「あの人と比べて、どうして私は…」と考えてばかりいては、気持ちがどんどん沈んでしまいますよね。

嫉妬する癖を直すには、どうしたらいいのでしょうか。fumumu取材班が聞いてきました。

①相手の努力を認める

「嫉妬してしまうときは、相手の努力を認められていないんだと思います。簡単に成功しているように見えるから、ずるいなと感じてしまうんじゃないですか?
輝いて見える人って、努力を表に出さない人が多いから。でも、その成功の裏には絶対努力があるんですよ。
表に見えているキラキラした面だけを羨むのは、相手にも失礼だと思います。相手のことを努力していると認められたら、素直にすごいなぁと思えるんじゃないでしょうか」(20代・女性)

関連記事:もう悩まない! 他人の才能に嫉妬しない女子の3つの理由

もう悩まない! 他人の才能に嫉妬しない女子の3つの理由

②「うらやましい」と伝えてみる

「うらやましいと感じていることを認めないままだと、余計につらくなると思います。嫉妬しているなら、そのままま相手に伝えてみるのがおすすめです!
『うらやましい、憧れる!』と口に出すと、不思議と気持ちがスッキリするんですよね。伝えることで、意外と相手が悩んでいると知ったり、『私だって憧れてたよ』と言われたこともありましたよ」(20代・女性)

③他人を否定しない

「他人を否定するのって、どこかに嫉妬心もあると思うんですよ。相手のことを認めると、自分のプライドが傷つくと感じているんじゃないでしょうか。
でも、他人を否定すればするほど、人の目を自分も意識することになると思います。誰かを否定したときのように、自分も誰かに否定されるんじゃないかと思ってくるんですよね。
人と比較する癖がつく前に、他人を下に見るのはやめたほうがいい気がします」(20代・女性)

憧れの人に追いつこうと努力するのは、とても素敵なことです。でも、嫉妬心がいつか憎しみに変わってしまうのは自分がつらいですよね。

それぞれの苦労があると理解できれば、嫉妬心に飲み込まれることもなくなるかもしれないですよ。

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ