無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「結局顔だろ」問題に終止符を打つ

恋愛・結婚

美人は減点方式でジャッジされる

もし美人と付き合うことができたなら、そりゃ嬉しいです。ハッピーです。必死にアプローチして、ようやく付き合えた美人のことを、男性はそれはそれは大切にするでしょう。

でも、顔で付き合った関係というのは非常に脆いもので、美人に慣れていくにつれ愛情は薄くなっていきます。顔で付き合ったら顔で終わるんです。

しかも、多くの場合、美人は減点方式を採用されてしまいます。出会いで100点をつけられ、そこからは減る一方です。

「美人はきっと内面や私生活も美しいにちがいない」と男性が勝手に過度な期待をするので、「え? 美人なのに部屋汚いの?」「え? 美人なのに魚食べるの下手なの?」など、ささいなことで減点していくのです。

美人なのにすぐ彼氏にフラれる女性が多い理由はこれです。

男性は「内面がかわいくない女性」とは結婚しない

そもそも、美人とはなんなのでしょうか。目が大きかったり、堀りが深かったり、鼻筋が通っていることなのでしょうか。

確かにそういった人たちは美人と呼ばれ、たくさんの選択肢を与えられて生きています。

ただ、それだけで自分には価値があると信じ、内面を磨かない女性がいます。時に傲慢で、わがままで、ずうずうしい女性です。

そういった女性は男性から「付き合いたい対象」にはなりますが「結婚したい対象」にはなりません。「かわいいほうがいいよね」って言ってる男性もそのへんは大変シビアに見てるんです。

そして、目鼻立ちに関わらず「男なんか結局顔で女のこと選ぶじゃん」と言う女性にも、美人はいません。

その証拠に、決して美人とは言えなくとも、いつもニコニコして、卑屈にならず、正しい生活を送っている女性は必ず最後には幸せになれます。

結局、外見とは内面を写す鏡なんです。普段の思考や行いは絶対に顔に表れ、男性にも伝わるようにできているのです。

本当に戦うべき相手は誰?

そりゃ努力する美人には勝てません。美人に一所懸命歯を食いしばって内面を磨かれたら勝ち目はありません。

冒頭から「勝ち負け」という表現を使っているのですが、恋愛には勝ちも負けもありません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ