無料の会員登録をすると
お気に入りができます

読むだけでお腹がグゥ…!実在の店が出てくる「グルメマンガ」5選

エンタメ

ピッコマから厳選♪ 実在の店舗が登場するグルメマンガ5選!

Photo by 株式会社カカオジャパン

グルメマンガを読んでいて、「同じものを食べてみたい!」と思ったことはありませんか?架空の料理を食べるのはむずかしいですが、実在するお店が登場する漫画なら、実際に同じグルメを味わうことが可能です!

話題の漫画・小説の配信サービス・ピッコマで公開されている、実在の店舗が登場するグルメマンガを5つピックアップ。はふはふいいながら食べたい、冬グルメが満載ですよ!

1. 「おとりよせ王子 飯田好実」高瀬志帆

Photo by 株式会社カカオジャパン

「おとりよせ王子 飯田好実」(ノース・スターズ・ピクチャーズ)/©️高瀬志帆

残業が当たり前の多忙な職場で働く平凡なSE・飯田くんが、ささやかな楽しみとしているお取り寄せグルメを堪能する日々を描いた「おとりよせ王子 飯田好実」。スピンオフ作品「飯田くんの休日」が描かれたり、2013年にはドラマ化されるなど、人気のグルメマンガです。

Photo by 株式会社カカオジャパン

宅配便の夜間配達を受け取れるノー残業デーである水曜日は一目散に帰宅し、全国から取り寄せた至極のグルメと向き合う主人公に、多忙な日々を過ごす自分を重ねながら読む人が多いようです。

時折登場する、俺流オリジナル、通称 “オレオリ” と呼ばれるアレンジも目が離せません。

Photo by 株式会社カカオジャパン

「26歳男性」「山梨県出身」「吉祥寺在住」「システムエンジニア」という肩書と、おとりよせグルメを夢中でほおばる様子のギャップに萌える読者が続出!

「多忙な日々に疲れたな……」というときは、飯田くんのように、おとりよせグルメをぽちっと注文して自分にご褒美をあげてみては?

2. 「おもたせしました。」うめ(小沢高広・妹尾朝子)

Photo by 株式会社カカオジャパン

「おもたせしました。」(新潮社)/©️うめ(小沢高広・妹尾朝子)

仕事の取引先や友人を訪問するときの手土産は、「自分が食べたいもの」を選ぶことを信念とする寅子が主人公の「おもたせしました。」。

実在のお店の名物料理をテイクアウトし、料理のおいしさを共感するというちょっぴり変わったストーリーが、読む側をほっこりほのぼのとした気持ちにさせてくれます。

Photo by 株式会社カカオジャパン
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ