無料の会員登録をすると
お気に入りができます

朝のケアは20分! 石井美保さんの透明美肌を支える愛用スキンケアって?

メイク

「MAQUIA」4月号では、マキア世代に「希望でしかない」と言わしめる白雪肌を持つ石井美保さんの豊富なコスメ知識に迫ります。43歳にして一点の曇りもなく、絹のようにすべらかな肌を育てたコスメをご紹介!

その白雪肌は、努力と知識の結晶だった 石井美保流「美肌のお手前」

朝のケアは フルコースで夜まで完璧

夜はシンプルに徹する代わりに、朝は約20分かけてフルコースなケアがお約束。この仕込みのおかげで、サロンワークや撮影で夜まで忙しくしていても、揺らがぬ完璧美肌をキープ!

1 ブースター 「洗顔後の肌はほぐしてフカフカに」

冬は肌が硬いので乳液先行ですが、肌が緩んでいる春夏はブースターでお手入れスタート。導入器でしっかり入れ込みます。洗顔後の肌を柔らかく耕すと、続くケアもさらに響くように。

1

スキンイルミネイター配合で生命力あふれる肌に。ル・セラム[医薬部外品] 50㎖ ¥25000/クレ・ド・ポー ボーテ

2

大ヒット中の美肌菌美容液で、明るさUP。ランコム ジェニフィック アドバンスト N 30㎖ ¥10000/ランコム

2 化粧水 「極上化粧水で“潤い仕込み”」

保湿のコツは、1にも2にも“朝に仕込む満タンの潤い”。時間をかけるのが大事なわけではなく、肌に必要な潤いをたっぷりチャージするのがポイント。“自分の満タン”を知ること!

1

夜もクレンジング後にこれだけはつけるほどにヘビロテな一本。フローラドリップ 160㎖ ¥13000/アルビオン

2

使うほどに澄んだ肌に。クラリフィック デュアル エッセンス ローション 150㎖ ¥11000/ランコム

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ