無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一緒にいると疲れる。ちょっとウザい“元気な人”とは

ライフスタイル

前の職場の同僚に、ミニーマウスのような人がいました。想像できますでしょうか?

いつも明るく楽しそうで朝からお天気や鳥のさえずりにさえ感動したり、毎日毎日、愛する旦那とどれだけラブラブかをうれしそうに教えてくれる、永遠の乙女……。

初めて彼女に会ったときは、「いつもポジティブで感じの良い人だな」と好印象を持ったのですが、毎日これを繰り返されると、驚くほど疲れました。

もう、うるさいって、黙って仕事してくれ……とさえ思ったものです。彼女の元気と笑顔は、私たち周囲の普通のテンションの人間の生気を奪っていくものでした。

元気なのは良いことのはずなのに……

元気なこと、ポジティブで明るいこと、なんでも肯定的にとらえること、何も悪いことではないはずなのです。

みんなが毎日笑顔で、世界がずっと平和だったらいい。誰だってそう願っているはずなのに、なぜ私たちは、ミニーマウスと毎日仕事をすると、「うざい」と思ってしまうのでしょう?

たまに行くディズニーランドは最高に楽しく、ミッキーとのラブラブのお戯れもかわいいと思えるのに、なぜ日常でそれを見ると疲れてしまうのでしょうか?

元気な人の3つの特徴

たまに見かける、元気な人。下記のような特徴が挙げられます。みなさんの周りにも、思い当たる人がいませんか?

(1)ポジティブな話題が多い

「今度の土日は、旦那と一緒にフレンチに行くの! ずっと行ってみたかったところだから楽しみ! それに、私が行きたいって言っていたことを旦那が覚えていてくれたこともうれしくって!」

「先週末は友達の結婚式に参加したのだけど、友達の旦那さんが一流企業勤務のすごいエリートで、新郎友人もハイスペックな人が多くてキラキラしてた!」

すべて、物事の良い面をとらえ、おそらく悪い面もあるでしょうに、彼らは良い面しか話題にしません。口を開けばポジティブな話題、「楽しい」「うれしい」が続くわけです。

(2)しゃべり続ける

口数が多いのも元気な人の特徴。

なにせ反応が良いので、他人の話にも「わかるわかる! 楽しいよねー!」「いいなぁ! 私もそういうのしたい!」と勢いよく割り込んできます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ