無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外と知られていない? 「くずれを広げない」メイク直しで美人顔キープ

朝、キレイにメイクを仕上げても、満員電車でつぶされ、冷たい空気やほこりにさらされ、さらにオフィスの空調で乾燥…と、キレイをキープするもひと苦労。そんなメイクくずれに打ち勝つ、必勝メイク直し法をご紹介します。

2016年11月
メイク

くずれている部分だけを素早くリタッチ

メイク直しの極意は、“くずれている部分を広げない”こと。アイメイクがヨレでていたり、ファンデーションがテカったり、乾燥が気になる部分だけを、すばやくリタッチすることがポイントになります。

Photos:Toshiyuki Furuya

お昼や夕方前のメイク直しタイム。単なる習慣になっている人はいませんか? 上からただファンデーションやフェースパウダーを重ねたり、アイカラーをつけ直したり…。でも、ちゃんとくずれた部分が直っていますか?

シャツ¥2990、ニット¥2990(ともにユニクロ)、イヤリング¥390(ジーユー)

携帯しておきたい“お直しアイテム”

パウダリーのファンデーション、メイクの上からも使える保湿ミスト、ペンタイプのコンシーラー、リップクリームは、メイク直しの必需品。さらにパンダ目をオフする綿棒やティッシュなどもあると便利です。

肌のお直しポイント

乾燥や余分な皮脂によるテカリ、汗など、ファンデーションがくずれる原因はいろいろ。その原因に合わせて、リタッチすることがポイントです。

余分な皮脂を押さえる

テカリやすいのは額や鼻、あごなど顔の中心。ここは皮脂の分泌が盛んな場所なので、余分な皮脂によってファンデーションがくずれやすくなります。

パウダリーのファンデーションで、テカリが気になる部分を上から軽く押さえます。肌を引っ張ると、くずれている部分が広がってしまう場合もあるので注意。スポンジとパウダーに余分な皮脂を吸収させる感覚で。

メイク直しにも便利なインテグレート

スルスルと心地よい使用感

インテグレート プロフィニッシュ ファンデーション

¥ 1,300

肌悩みをカバーしながら、キレイな素肌が透けているような、抜け感のある仕上がり。肌にやさしい使い心地で化粧持ち抜群。SPF16・PA++ 全4色 ケースは別売り(コンパクトケース R ¥400)※価格は編集部調べ

商品詳細
インテグレート プロフィニッシュ ファンデーション
www.shiseido.co.jp
商品詳細

くずれがひどい場合はオフ

小鼻のまわりやほうれい線のあたりもくずれやすい部分。表情によってよく動かすことで、ファンデーションがヨレたり、落ちてしまいがちです。

記事に関するお問い合わせ