無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肌荒れの原因にもなる!「コスメの使用期限と確認方法」をチェック♡

美容

コスメにも使用期限があるんです!

長年使用しているコスメやずっと使っていなかったコスメ。「これ、買ってから数年経っているけど大丈夫なのかな…」と疑問に思ったことはありませんか?

多くの化粧品は「未開封で3年以上」保つように作られていますが、使用期限が切れていると、その化粧品が本来持つ効果が十分に発揮されにくくなったり、肌トラブルの原因になることがあります。

”コスメを新しくしたら肌の調子が良くなった!”という経験がある方は、使用していたコスメの使用期限が切れていた可能性もあります。”化粧品の買い替えの目安”として、参考にしてくださいね。

化粧品の「使用期限」の確認方法

海外製コスメの場合、PAOマークと呼ばれる"容器のフタが開いたマーク"がパッケージに記載されています。「12M」の場合は開封後12ヶ月が使用期限となり、「6M」の場合は開封後6ヶ月が使用期限となります。

日本製のものは”製造から3年以上品質を保てる商品については製造月日をつける必要がない”と医薬品医療機器等法によって定められているため、必ずしも全てのメーカーの製造月日が分かるわけではありません。

ストック用でしばらく使わないものであれば「購入した年月(もしくは製造の年月)」、開封したものであれば「開封した日・使用期限」をラベルに記入して、容器の底に貼っておくのがベストです!

製造年月を調べられるサイトもおすすめ!

「Check Fresh」というサイトではメーカーを選択すると、どの部分に製造番号が記載されているか表示され、番号を入力すると製造年月が表示されます。

並行輸入品やフリマサイトなどで安く購入する場合は製造年月が古い場合もあるため、出品者から番号を教えてもらい、事前に確認しておくのもおすすめです。

Check Fresh 公式サイト

コスメの状態も定期的に確認しよう

使用期限に限らず、コスメの状態によっても使用を避けた方が良い場合もあります。

・変色している
・酸っぱいニオイがする
・成分が分離、沈殿している(元々分離しているタイプのものは大丈夫です。)

記事に関するお問い合わせ