無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寒いからこそ明るい色を♡救世主はベビーブルーのアイテム!

この時期服を合わせるとついついダークカラーになりがちになります。秋はブラウンが流行りましたが、マンネリ打破するには実はベビーブルーが新鮮&オシャレと話題になっています。そんなベビーブルーアイテムと活用法をご紹介します。

2016年12月
ファッション

つい暗くなりがちな冬のコーデ

寒くなってきたこの季節。毎朝鏡の前で合わせると、つい暗くなりがちなコーデに気分まで暗くなってしまうことも多いかと思います。かといってピンクやレッドとなると可愛くなり過ぎちゃうと躊躇してしまいますよね。

zozo.jp

そんな時便利なのが実はベビーブルーなんです!着慣れたブルートーンで手持ちの服とも合わせやすいですし、他のペールトーンカラーよりすっきり見えるのでスタイルアップも叶う万能カラーなんです。

プラスしやすいトップス

やっぱり取り入れやすいのはトップスからです。肌馴染みも良くソフトな発色は、女らしさを引き立ててくれます。とりあえず買い足すなら断然トップスです。

zozo.jp

女っぽさ抜群のオフショルですが、ベビーブルーをチョイスすることでクールな印象になります。ボトムもラインが入ったスポーティータイプで、ハンサムなコーディネートに仕上げています。

zozo.jp

ふわっとしたオトナ可愛いニットは、デニムでカジュアルダウンするのがちょうどいいバランスです。デニムとのトーンも合っているのでこなれ感がアップします。

zozo.jp

いつものグレーアイテムとも相性が良いベビーブルーで、オシャレなペールコーデがテクいらずで完成します。小物はブラックでしめるとよりオシャレな印象に仕上がります。

zozo.jp

レトロなロングスカートとも相性が良いのに、今っぽいコーデになるので本当に万能です。

zozo.jp

ざっくりしたケーブルニットはキレイめパンツと合わせて、カジュアルになりすぎないハンサムスタイルが素敵です。

ビックスリーブタートル

¥ 13,800

リラックス感ありながらワイドスリーブ・バックロングデザインが今っぽいムードでオシャレな1枚です。

商品詳細
ビックスリーブタートル
zozo.jp
商品詳細

シャギープルオーバー

¥ 5,500

シャギータイプでもベビーブルーなら可愛くなり過ぎないので、オトナ女子にピッタリです。

商品詳細
シャギープルオーバー
zozo.jp
商品詳細

CB CASH V/N PO 12Gニット

¥ 12,000

ハイゲージのベビーブルーは清潔感があってクリーンな印象になるので、コーディネートでヘビロテになりそうな予感です。

商品詳細
CB CASH V/N PO 12Gニット
zozo.jp
商品詳細

アクセントとして使えるアイテム

シンプルなアイテムでも差し色として投入すれば、たちまち旬顔コーデに早変わりです。いつもと違うムードにみんなにカワイイ!と声をかけられる事間違いなしです。

zozo.jp

女っぽフレアースカートでもサックスブルーなら甘くなり過ぎず、ホワイトニットとのバランスでクリーンな演出が出来ます。小物はブラックで引き締めるのが正解です。

wear.jp

初めてコーディネートに使うならストールが取り入れやすいです。ペールトーンのコーデでもポイントカラーになってボヤっとした印象になりません。

zozo.jp

ロングスカートでバランスが取りづらいアウター選びも、サックスブルーなら重めのインナーも軽く見せてくれるので選びやすいですね。

zozo.jp

もはや定番と言えるワイドパンツは春まで活躍するベビーブルーをプラスが賢い選択です。

wear.jp

トレンドのプリーツスカートも軽やかなムードで、女らしさがよりアップするコーディネートになります。

チェスターコート

¥ 4,612

コートの定番になりつつあるチェスターはカラーで楽しむのがオシャレへの近道です。サックスブルーならそれだけでこなれ感アップです。

商品詳細
チェスターコート
zozo.jp
商品詳細

7Gカタアゼタイトスカート

¥ 4,500

トレンドのリブニットタイトならこれ1つでオシャレ感がアップするので重宝間違いありません。

商品詳細
7Gカタアゼタイトスカート
zozo.jp
商品詳細

スポンジクロスクロップテーパーパンツ

¥ 15,000

クールな印象のタックパンツも柔らかい雰囲気になるので、さまざまなシーンで活躍しそうです。

商品詳細
スポンジクロスクロップテーパーパンツ
zozo.jp
商品詳細

すぐにでも取り入れちゃいましょ♡

zozo.jp

今シーズンはベビーブルーの当り年!似合う一枚が絶対見つかるので是非ゲットしましょう。

記事に関するお問い合わせ