無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分次第で気持ちが楽に♡人のせいにしない考え方でハッピー計画

普段の生活でつい人のせいにしてしまったりしていませんか?誰かのせいにするのは簡単ですが、自分の非を認めて反省することで、実は気が楽になったりポジティブになれたりするんです。そんなポジティブに毎日を過ごす為のヒントをご紹介してきます。

2017年1月
ライフスタイル

人のせいにしない考え方でハッピーに

失敗をしてしまうとつい人のせいにしてしまったりなんてこと誰にでも経験があると思います。しかし、人かのせいにするのは簡単ですが、自分の非を認めて反省することで、実は気が楽になったりポジティブになれたりするんです。

しかも、ほんのちょっとのこと意識するだけ♡そんなポジティブに生きる為のヒントをご紹介してきます。

当てはまる人は気を付けたい4つのこと

①プライドが高い人

自分が1番だと思っており、非を認められずせっかくのアドバイスなどにも、イライラしたり反論してしまったり、聞く耳を持てない。また、人の良いところに気付けず、してもらったことに対して、素直に「ありがとう」が言えないなんてことありませんか?

こんな時は「人の意見を素直に聞いてみる」

人はそれぞれ異なる発想や知識を持っています。他人は常にあなたにないものを持っているので、素直に人の意見に耳を傾けることで、成長することができます。

②ミスを認められない人

何かを壊してしまったり、傷つけてしまった時に素直に言いだせずにそれを隠そうとしてしまった経験ありませんか。謝れば許してもらえそうな小さなミスも、自分から言いだすことができず隠してしまいずっとモヤモヤなんてことありますよね。

こんな時は「勇気を出して謝ってみる」

幼い頃は素直にできていた事も、大人になるとついプライドが邪魔してできなくなってしまうことありますよね。その一つが、素直に「ごめんないさい」と言うことです。自分に非を認めて素直に謝ることで物事が円滑に進むことって実は結構あるんです。

③つい言い訳をしてしまう人

常に「でも」や「だって」という言葉を使って言い訳をしてしまう。自分では意見を言っているつもりかもしれませんが、相手には言い訳と取られてしまうこともあります。

こんな時は「自分の弱点を知る」

まずは自分の弱点を知る事が大切です。こんな時に「でも」や「だって」とついつい言い訳をしてしまう、というポイントを知れば意識して直して行く事ができます。

④他人に認めてもらいたい欲求が強い人

自分に自信がない故に実力以上に大きく見せようとして、正当化するような言い訳をしたり、人の目ばかり気にしてしまうなんて人も少なくないと思います。

こんな時は「自分に自信を持つ」

他人に認めてもらいたい欲求が強い人はどうしても、人の目を気にしすぎてしまう人や自分に自信のない人が多い様です。相手を想い行動することは素晴らしいことですが、まずは自分を大切にそして自分を沢山褒めて認めてみて下さい。

少し意識するだけ♡

子供の頃はできていた事も、大人になると素直になれず人のせいにしてしまいネガティブになっていた人は是非4つのことを少し意識してみてはいかがでしょうか?みなさんの毎日がよりハッピーになりますように♡

記事に関するお問い合わせ