無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知っておいて損はナシ!お呼ばれしたときの基本的な7つのマナー

お呼ばれしたときに知っておくと役立つ正しいマナーについてご紹介致します。正しいマナーを身につけておけば、お互いに楽しい時間を過ごすことができますよね。

2017年2月
ライフスタイル

覚えておきたい訪問マナー

友人や上司、親戚宅など、相手のお宅にお呼ばれした時に知っておくと便利な基本マナーをご紹介致します。しっかりとマナーを覚えておけば安心して伺うことができますよね。

気品ある女性はここが違うんです!日常で使える美しい作法

さり気ないしぐさまで何だか素敵に見える女性っていますよね。普段の何気ない生活の中で、ほんの少しのことを意識するだけで、実はグンと素敵な女性に見えるんです♡
2232

お呼ばれしたに知っておきたいこと7つ

1.訪問前の連絡

まずは、事前に相手の都合を聞いてから約束をするようにしましょう。その際に時間や一緒に行く人の人数なども伝えておいて下さい。約束の時間は、基本的に早朝、食事時、夜遅い時間、忙しい時間帯などを外すのがマナーです。

2.手みやげ

手みやげを持参する場合には、きちんと事前に買っておきましょう。訪問するお宅の近所で買うのはなるべく控えておきましょう。間に合わせの印象を与えてしまうことがあります。菓子を持って行く場合は日持ちするものがオススメです。

3.玄関先

着いたらチャイムをならす前にきちんと身だしなみを整えます。コートを着ている場合には脱いで軽くたたんでおきましょう。玄関ではきちんと振り返ってドアを閉め、軽い挨拶をします。靴などはしっかり揃えてからお邪魔して下さい。

4.部屋に入ってから

洋室の場合は、まず部屋に入ったところで正式な挨拶をします。その時お辞儀も丁寧にしましょう。挨拶が済んだら持参した手みやげを紙袋や風呂敷から取り出し、両手で渡して下さい。

訪問先が和室の場合は、部屋に入ったら最初の挨拶は座って丁寧に行います。この時にポイントとなるのが、座布団には座らず畳の上で行うことです。挨拶が済んだら手みやげは洋室同様に袋から出し、両手で畳の上に置いてすべらせるようにして差し出します。

5.お菓子などの頂き方

ケーキをいただく時にセロファンがついていたらフォークを使って巻き取りましょう。食べる際は、ケーキも和菓子も左側から小さく切って食べましょう。食べ終わった後をキレイにしておくことも大切なマナーです。

6.帰る際

長居をしすぎないように、タイミングをみておいとまししょう。帰る時は、洋室では椅子から立ち上がり、和室では座布団から下りて挨拶をします。玄関ではスリッパの向きをしっかり直し御礼をして下さい。

7.御礼の連絡

帰宅後も御礼の電話や、親しい人にはメールなどでしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。

知っておいて損ナシ

知っておけば相手の方にも失礼なく自分自身も得する大人のマナー。ぜひマスターしてみてはいかがでしょうか?

記事に関するお問い合わせ