無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのメイクダサ見えです!垢抜け今っぽメイクとダサ見えメイクの違いはココ♡

メイク

今っぽ顔を作るメイクのコツはなんだと思いますか?盛ることばかりを意識したメイクは、イマドキ感がないように見えやすく、抜け感のあるこなれ顔の方が圧倒的に今っぽいです!濃いメイクも可愛いくて個人的にも好きですが、やりすぎはNG。今回は具体的に、ダサ見えするメイクと今っぽメイクの違いを解説していきます。

ベースメイク

ダサ見えベースメイク

カバー力命の厚塗り陶器肌や、首と色が違う明るすぎるファンデーションはダサ見えです。

そして、浮いて見えてしまう濃いめの丸く入れるチークや、目の下に濃く入れるチークもダサ見えポイントです。

今っぽベースメイク

生っぽい素肌感が生きるツヤ肌が今っぽいメイク。

カバーしたい部分は、コンシーラーなどで部分的にカバーしてあげると、厚塗り感が出るのを防げます。

肌トーンを上げようと、明るすぎるファンデーションを選ぶと白浮きしてしまうので、肌なじみの良い色味のファンデーションを選ぶのがベスト!

チークは、アイシャドウとリップをつなぐ役割を担っています。濃くしすぎてチークが目立ちすぎないように、あくまでも引き立て役のような控えめチークがイマドキです。

最近では、ベージュなどのヘルシー顔に見えるチークやツヤ感のあるチークもこなれ感がありオススメです!

眉メイク

ダサ見え眉メイク

キリっとした角度を付すぎた眉は、きつい印象を与えてしまったり、イマドキ感のないメイクに仕上がってしまいます。

全体をペンシルで描いたのっぺり眉も同様です。

今っぽ眉メイク

優しく見えるアーチ眉が今っぽいメイク。

また、毛流れを整えて立体感を持たせたり、眉尻を濃く・眉頭をふんわりとさせ濃淡を意識しましょう。さらに、アイメイクに合わせて眉もアイブロウパウダーや眉マスカラでカラーリングするのが、最近のトレンド眉メイクです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ