無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ファンデの色移りが気になる人へ。汚れ目立たない「ガーゼマスク」、タオル美術館から。

インテリア

タオル専門店「タオル美術館」各店と公式オンラインショップでは2020年6月1日から、「マスクへのファンデーションの色移りが気になる」という声に応え、裏面がベージュ色になった「白色マスク」が販売されます。

縮みにくいソフトなガーゼ生地を使用

タオル美術館グループ・一広は、DR.C医薬と共同で開発したハイドロ銀チタン採用のガーゼマスクを全国の直営店「タオル美術館」にて4月より販売してきました。今回は新たに、裏面(顔に触れる部分)にベージュ色のガーゼ素材を使用した白色のマスクが登場します。

白色のマスクは、「化粧をしてマスクを着用した際、マスクにファンデーションが色移りするのが気になる」といった声が多いことから開発されたもの。表面は白色、顔に触れる裏面にはベージュ色の素材を使用しています。

裏面(顔に触れる面)

外側2層に、ニオイ・花粉などのタンパク質を繊維上で分解する「ハイドロ銀チタン加工」を施したガーゼを使用した、全4重構造の立体タイプのガーゼマスク。タオル製造の技術を活かした縮みにくいソフトなガーゼ生地を使用しており、洗濯して繰り返し使うことができます。50回洗濯しても効果は持続するそうです。

価格は980円(税別)です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ