無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[突っ張り棒]が意外なところで大活躍!暮らし上手さんが教えるスッキリ暮らせる収納術

インテリア

まずは基本から!突っ張り棒で「吊るす」収納

突っ張り棒を使った王道的な収納法といえば、モノを吊るしておくというもの。

ちょっとした出っ張りがあれば突っ張り棒を取り付けることができるので、わずかなスペースでも賢く収納スペースに!

突っ張り棒にS字フックを引っ掛ければ、置き場所に困る帽子もスッキリ片付けられますよ♪

縦長のシューズボックスの中に突っ張り棒をとりつければ、傘を掛けておくこともできます。

ただし傘は少々重いので、突っ張り棒に一工夫。落ちにくいように左右に吸盤をくっつけています!

さらに吸盤にはハンドクリームを塗ると空気が入りにくくなり、強度が上がりますよ。

突っ張り棒があればモノのエリア分けも簡単!

お次は、突っ張り棒を「仕切り」として使う方法をご紹介。

引き出しを開けた時、中のモノがズレて不快に感じたことはないでしょうか。

突っ張り棒をモノに合わせて仕切りのかわりに使うと、モノの定位置がよりハッキリとして、出し入れもスムーズになります◎

横だけじゃなく、縦に仕切る方法も!

上の写真はキッチンボードにあるオーブンレンジの横スペースを突っ張り棒で縦に仕切り、グリル皿と取扱説明書を収納するスペースを分けています。

突っ張り棒で仕切りを作ることで、目当てのものがワンアクションで取れるので時短効果も見込めますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ