無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット中でもパンが食べたい!パン好きのための太りにくいパンの選び方

ビューティ

白いパンより「茶色っぽいパン」を選ぶ

bybirth.jp

太りにくいパンの選び方は、色で見分けることです。白いパンはGI値が高いですが、茶色っぽいパンはGI値が低め。たとえば、以下のような茶色っぽいパンなら太りにくいでしょう。

・全粒粉パン
・ライ麦パン
・玄米パン

白いパンは小麦の内側だけを使用しますが、全粒粉パンは小麦の外皮も使用します。いわゆる「ふすま」のことで、ブランパンやふすまパンとも呼ばれています。

また、ライ麦パンは小麦ではなく「ライ麦」を使ったパンのことで、食物繊維やミネラルが豊富な栄養価の高いパンです。

さらに玄米パンは、小麦粉に玄米が含まれているパンのこと。玄米は完全栄養食と呼ばれるほど栄養価が高いため、ダイエット中に食べても太りにくいパンと言えます。

具はタンパク質や野菜の多いものを選ぶ

bybirth.jp

サンドイッチやコッペパンなど、具が入っている総菜パンを食べるなら、タンパク質や野菜の多いものを選ぶようにしましょう。

パンは糖質なので吸収しやすく、脂肪になりやすい栄養素です。しかし、肉などのタンパク質や、野菜などの食物繊維が含まれているものと一緒に食べると吸収しにくくなり、脂肪がつきにくいと言われています。

また、野菜にはビタミン・ミネラルも豊富に含まれているため、栄養が偏りがちなパン食でも栄養バランスの良い食事を摂ることができます。

やわらかいパンより「硬めのパン」を選ぶ

bybirth.jp

やわらかいパンはふかふかで食べやすく、ついたくさん食べてしまいますよね。そのため、よく噛まないと飲み込めない「硬めのパン」のほうが太りにくいパンと言えます。

たとえば、フランスパンは硬いパンの代表格ですね。フランスパンは小麦粉と水、塩とイーストのみで作られているため、低カロリーという意味でもダイエット向きのパンです。

よく噛んで食べると満足感がアップするため、ダイエット中にもっともおすすめのパンと言えるでしょう。

パンの食べ方にも気をつけて!

ダイエット中にもおすすめの「太りにくいパン」についてご紹介しましたが、どんな食べ方をしても良いわけではありません。パンの食べ方にも気をつけて、ダイエット中でもおいしいパンを楽しみましょう。

注意するポイントは、「食べすぎないこと」です。いくら低カロリーでダイエット向きのパンであっても、食べすぎればカロリーオーバーになる恐れがあります。

また、パンに何かつけて食べる際も注意が必要です。ジャムやマーガリン、マヨネーズなどは糖分や脂質が多く高カロリーのため、つけ過ぎないように気をつけましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ