無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アクセサリー作家・Lamipasさんの「かばんの中身」見せてもらいました。

ライフスタイル

minneでご活躍中の作家のみなさんに、「かばんの中身を見せてください」とお願いしてみました。ものづくりをされる方のかばんの中には何が入っているんでしょう。今回は、Lamipasさんのかばんの中身を見せていただきました。

Pacotomyさんの「さんかくポーチ」

オリジナルデザインの小物たち

メイクポーチ、スマホケースは、自作のスイーツアクセサリーを散りばめたオリジナルデザインで、とても気に入っています。「いろんなものを、つくってきたんだなあ」と感慨に耽ることも。

メイク道具入れとして使っているポーチはPVC素材。開いて中の掃除もしやすく清潔に使えるので重宝しています。

仕事のときは、自分でデザインした手帳カバーにショップカードやメモ帳を差し込み、自作のアクセサリーを並べるトレイも持参するようにしています。

持ち歩くかばんはこぶりなものを

かばんは実用的でシンプルなものを選ぶことが多いです。仕事の時は荷物も増えてしまうため、少し大きめなカバンに変更。スイッチを入れるため、仕事では黒色のかばんを使います。

ものを選ぶときは、品質の良さとデザインの良さが両方備わっているかどうかを大切にします。どんなにデザインが気に入っても、使い心地に違和感があったり、耐久性に疑問を感じる場合は購入を躊躇ってしまったり。きっと、お気に入りのものを長く使い続けることに、こだわりがあるからだと思います。

それは自身の制作の際にも常に気にかけていることで、身につけていて痛くない、取り扱いが楽で丈夫、というのは大前提。ストレスフリーにおしゃれをたのしむ、がわたしのモットーです。

Lamipasさん

simple&uniqueをテーマに、スイーツをモチーフとしたアクセサリーを手がける。ハンドメイドアワード2018にて貴和製作所賞を受賞。

https://minne.com/@lamipas

次回の作家さんのかばんの中身もおたのしみに。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ